ビットコイン(BTC)140万円超えまで急回復、相次ぐテザー砲にクジラの影|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●大幅続伸のビットコイン(BTC)、テザー周りなど今後の注目ポイント

●米NY連邦準備銀行が計測する「リセッション・インジケーター」指数、2008年リーマン・ショック以来の水準に

仮想通貨ビットコイン(BTC)市況

世界各国の主要中央銀行が新たな緩和策を準備するなど法定通貨の緩和競争が意識される中、世界的な景気後退(リセッション)懸念を背景に、仮想通貨ビットコイン(BTC)への資金流入が続いている。

アルトドレインの影響でビットコイン(BTC)ドミナンスはさらに上昇。個人投資家の多い法定通貨建のアルトコインが軟調に推移しているほか、BTC建のメジャーアルトは軒並み下落の一途を辿っており、2017年末までのビットコイン(BTC)一強時代の再来を印象付けている。

目下の関心は、BTCが今後2万ドル(220万円)の過去最高値を超えるなど大きな節目に差し掛かった際に、アルト市場に再び資金が流入(アルトバブル再来)するかどうかという点であり、国内外の有識者の見解も真っ二つに割れている。

本日のビットコイン(BTC)上昇要因としては、新たな米景気後退データも指摘されている。米有力誌ブルームバーグのジャーナリストTracy Alloway氏は米ニューヨーク連邦準備銀行が計測している「リセッション・インジケーター」を掲載した。

同インジケーターを確認すると、リスク指数が2008年の金融危機「リーマン・ショック」以来最も高くなっている。

また、10日のCNBCの番組で各有識者は「ヘッジ資産」のビットコインについて独自の見解を述べ、経済不安定の国や地域において、ビットコインに対する需要が高まっていると指摘している。

米経済番組で金融業界とビットコインヘッジ論|「BTCが過去最高値に差し迫っている」との見解も
米経済番組CNBCに出演した金融業界の有識者たちが、ビットコインのヘッジ機能について見解を語った。経済不安定の地域において、ビットコインなど仮想通貨需要の高まりが指摘されている。

ビットコインテクニカル分析

2日前に120万円前半を推移していた仮想通貨ビットコイン(BTC)は、約半月かけて形成したペナント上抜けから急動意。直近で2回に渡るテザー砲の恩恵も受ける形で一時143万円まで上昇するなど続伸した。

米ドルにペッグされたステーブルコインである「テザー(USDT)」は、9日の0時28分頃(①)と10日の8時07分頃(②)の2度に渡って、1億ドル(109億円相当)ずつ発行された。(上図:紫縦線)

ビットコイン(BTC)市場が上昇機運を強める中での100億円規模のUSDT発行にはクジラの影もちらついており、国際金融市場における地政学リスクのほか、テザーを発行するBitfinexが本拠を置く香港で大騒動になっている、「逃亡犯条例改正案」に反対する大規模デモの影響も考えられる。

香港で拘束した容疑者を中国本土に引き渡せるようにするものだが、身柄のみならず資産に関しても凍結・押収リスクがあるとされたことで、富裕層を中心に保有資産を海外に逃すリスク回避姿勢が強まったとの指摘もある。

また、ここ数ヶ月は現在トレーダーの関心の渦中にある、米NY司法当局とテザー社およびその親企業iFinex社の裁判沙汰にも新たな展開が見られた。越権行為であると主張するfinex側に対し、ニューヨーク検事総長(NYAG)側は新たな書類で「米NY市民にサービス環境を提供している」として管轄権を主張。22日を予定するテザー社側の反論や、7月29日に再開予定の裁判内容に注目が集まっている。

ただし、直ちに「テザー発行制限措置」など強制力のある結果が出て市場に影響を及ぼすようなものではなく、段階的に判決を導く法廷闘争は長期化する可能性が高い。

本題に戻すと、このまま上昇継続した場合は、年初来高値の150万円付近でのダブルトップが反落ポイントか。

bitFlyerのプラス乖離が5.6%台まで進行するなど過熱感もあり、下落した場合は、フィボ61.8%と1h雲、トレンドライン(青)の重なる132.5〜134万円付近(③)が一つの押し目ポイントとなりそうだ。

11日にかけて、時間足100EMAが同ライン上に、200EMAは心理的節目の12,000ドル(130万円)付近まで浮上してくるほか、13日には4h雲上限もこのラインを見込むことになる。

2018年の傾向から見る、現在のBTC市場

海外アナリストのJosh Rager氏は、直近のビットコイン(BTC)相場について以下のように分析した。

価格が再び13,000ドル(141.6万円)を突破した場合、ダブルトップによる恐怖感が市場の一部を支配する可能性がある。

2018年からダブルトップでのパターン反転が相次いでいたが、昨年との大きな違いは今年は明確な”ブル相場”だということだ。

Rager氏は月足分析を行い、月末の7月31日に、6月末に記録した年初最高値13,863ドル(149万円)を抜けることができれば、ビットコインは事実上レジスタンスの存在しない状況に向かうという。

CoinPostの関連記事

国内大手DMMビットコイン、仮想通貨リップル(XRP)上場を発表|18時メンテ終了後
国内大手仮想通貨取引所DMM Bitcoinは10日、18時から仮想通貨リップル(XRP)の現物取引を取り扱い開始することを発表した。Nodee by CoinPostではDMM Bitcoin代表取締役の田口氏のコラムを掲載、好評を博している。
ビットコインFX有名トレーダー座談会|レバレッジ規制後の仮想通貨市場の変化と立ち回り
bitFlyer BTCFXのレバレッジ4倍規制後にどのような変化があったのか。今後の仮想通貨展望や2019,2020年末価格について、有名トレーダーの700ニキ、青ハチミツダルマ、MOONトレーダーの三氏に見解を伺った。

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら