「xCurrentはインドの全銀行に導入する商品」米リップル社シニアエンジニアが言及

インドの全銀行へxCurrent導入か
今年6月にインドで開催されたイベントで、米リップル社のシニアエンジニアが、同社のxCurrentをインドの全ての銀行に導入する方針だと言及していたことが明らかになった。

リップル社のシニアエンジニアがイベント登壇

今年の6月にインドで開催されたdAppsのイベントにリップル社のシニアエンジニアであるSachin Maheshwari氏が登壇し、同社の製品であるxCurrentをインドの全ての銀行に導入する方針だと語った。7月8日にイベントの動画がアップロードされたことで、今になって話題になっている。

Maheshwari氏は本イベントで、現在の国際送金における問題点や、リップル社が提供するxCurrentやxRapid、xViaの特徴などを説明。その流れで上記の発言をしているが、リップル社から公式発表があったわけではない。

xCurrentはリップル社が提供する金融機関向けの送金ソフトウェアで、金融機関とリップルネットを接続する。利用する金融機関は即座に国際送金ができ、全ての送金プロセスを可視化できることが特徴だ。

仮想通貨のリップル(XRP)を直接利用する送金ソリューションはxRapidだが、リップル社はxCurrentの新バージョンを2018年9月にリリースした。最新の「xCurrent 4.0」ではxRapidへも接続が容易になるということで、XRPへの需要拡大に繋がるのではないかと期待されている。

インドは現在仮想通貨を全面的に禁止する法案が審議中である。インドは人口が中国についで世界で2番目に多いことに加え、2017年の世界銀行のデータでは、銀行口座の保有率が低い国や地域のランキングでも、インド(銀行保有率21%)の名前が挙がった。銀行口座を持っていない人が多いということは、仮想通貨の利用価値が高い国であると見ることもできる。

CoinPostの関連記事

「仮想通貨禁止」法案検討中のインドで、5万円相当のビットコイン価格乖離が発生した背景
仮想通貨の全面禁止法案が検討されているインドの仮想通貨取引所にて、ビットコインなどの価格乖離が発生していることが判明した。法定通貨インド・ルピーの下落など、その背景を探る。
フェイスブックが支援するリブラに「仮想通貨禁止法案の壁」 インドで利用できない可能性
フェイスブックが支援する仮想通貨リブラの発行に際し、インドで利用できない可能性があると現地メディアが報じた。仮想通貨を禁止(または検討)する国で利用が制限される「法案の壁」に普及拡大の懸念点が生じている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら