仮想通貨バイナンストークンの第8回バーンで80万BNB消滅|エコシステム貢献のため社員報酬を充当

第8回バーンで80万BNB消滅
仮想通貨取引所バイナンスは、独自トークンの希少価値を高める第8回BNBバーンでトークン26億円相当の焼却を完了した。バイナンスチームの社員報酬を充当するなど献身性の高い取り組みも。

第8回バーンで80万BNB消滅

バイナンスは独自通貨BNBの「第8回トークンバーン」を実施終了。バーンされたトークンの数は808,888 BNBだった。バーン価格は29.47ドルに設定され、約2400万ドル(26億円)が対象となる。

バーンとは

通貨の一部を消滅させることで流通量を減らすこと。流通量が減少することで希少性が増すため、高騰しやすくなるとされている。

今回のバーンは、これまでの仕組みが異なる。

先日更新されたホワイトペーパーによれば、バイナンスは取引高をもとにBNBバーンを実施するが、今回のバーンでは、バイナンスチームの社員報酬である8,000万BNBからの配当分を受け取らず、バーンに充てたものだという。「チームで仮想通貨エコシステムへの貢献を強めるために」としている。

なお、今回第8回のバーンから、まずバーンに充当するBNBはすべてチームに与える予定のBNBのすべてをバーンしてから、取引所によるバーンに移すと、公式で説明されている。バーンで減らす目標は依然として、100,000,000 BNBである。

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所バイナンス、証拠金取引を正式に開始|日本や米国は対象外
仮想通貨取引所バイナンスが「証拠金取引(マージントレード)」のサービス提供を発表した。日本と米国は対象外だが、ショートポジションの売り圧力により、アルトコイン市場の急落に拍車をかけたとの見方も。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【8/20更新】
バイナンスが9月に、米国ユーザーのサービス停止を実施; Bakktが先物取引を開始するなどの重要イベント。仮想通貨市場価格に影響を与え得る最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら