「ミスリードになり得る」イーサリアム共同設立者、リブラの中央集権性を懸念

イーサリアム共同設立者、リブラの中央集権性を懸念
イーサリアム共同設立者のAlisie氏が、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」の中央集権性に懸念を示す。規制当局のミスリードのもと、承認を試みているのではないかとの指摘も。

イーサリアム共同設立者、リブラの中央集権性を懸念

イーサリアムの共同設立者であるMihai Alisie氏が、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」の中央集権性に懸念を抱いていると、ブルームバーグのインタビューで語った。

同インタビューにおいてAlisie氏は、リブラがフェイスブックやその他大手企業により管理されていないと誤魔化し、フェイスブックが開発を進める仮想通貨が規制当局により承認されるのではないか、との危機感を示した格好だ。

同氏は以下のように語っている。

フェイスブックは、ここ数年、ブロックチェーンの規制を容易に整備できない規制当局をミスリードしようとしている。

(規制当局は)企業が中央集権的な通貨を作ろうとしていると捉えるべきだ。

Alisie氏は、フェイスブックが、ブロックチェーンに関する法整備が困難であることを逆手に取り、規制当局の誤った理解のもと承認を得ようとしているのではないかと推測しているようだ。

FRB議長、リブラへの見解

連邦準備制度理事会の議長を務めるJerome Powell氏は以前、リブラに対して規制面に関する深刻な懸念点を払拭する必要性を指摘している。

日本時間10日に行われた公聴会にて、米国会下院金融サービス委員会のSteve Stivers議員の質問に答える形で、Powell氏がリブラについて以下のように述べた。

フェイスブックが資金洗浄など、不正行為の防止に取り組み、十分に充足した対応が取られない限り、プロジェクトを前進させてはいけないと考えている。

私が最初に挙げた、データ保護やユーザーのプライバシーなど、数々の問題に、慎重かつ注意を払い取り組まなければならない。

さらにPowell氏は、リブラが既存の規制の枠組みから外れる点についても触れ、「既存の規制に簡単にあるいは完璧に収まるものではないと思う。システム全体のスケールが問われる。」と、不安感を示している。

CoinPostの関連記事

米トランプ大統領、仮想通貨ビットコイン(BTC)とフェイスブックのリブラを痛烈批判
トランプ大統領が仮想通貨ビットコインとフェイスブック主導のリブラに対してTwitter上で批判した。規制面の問題に加え、麻薬取引など違法行為を助長するとして懸念を表明、米ドルだけが”本物の通貨”だとした。
韓国規制当局、仮想通貨リブラによる経済不安定化を危惧
韓国規制当局がリブラの見解を示す文書を公表した。今後金融危機が訪れた際に収拾が付かなくなる懸念など、広く普及した場合に予期されるリスクについて詳述されている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら