ブラジル州政府、ブロックチェーンで公開入札プロセスを透明化|農産業などで活用見込む

ブラジル、ブロックチェーンで公開入札の透明性を実現
ブラジルのバイーワ州は、政府契約における公開入札プロセスを追跡するブロックチェーンアプリをローンチ。特に農産業といった分野での活用が見込まれているという。

ブロックチェーンで公開入札の透明性を実現

ブラジルのバイーワ州は、政府契約における公開入札プロセスを追跡するブロックチェーンアプリをローンチした。

「Online Bid Solution(SOL)」と呼ばれる同アプリは、現在すでにPlay StoreとApp Storeからダウンロード可能であるという。アプリの利用目的としては、農産業の領域での需要拡大を見込んでいる。

同アプリの導入によって、農業機関とブラジル各地のサプライヤーや生産者を繋ぐプラットフォームの役割を担い、これまで不透明にあった卸における入札のプロセスに公平性を齎す。産直のような直売所では、直接農家が値決めを行うことができるが、農協や直売所では売り手と買い手による価格競争が起こり、そのプロセスも各農業機関によって異なる状況がある。

契約入札プロセスにおける透明性を確保することで、生産者を含めた横の情報流通が円滑となり、公平なプラットフォームが利用できるようになる。

同アプリは、バイーワ州とリオグランデ・ド・ノルテ州の約1100の農業協会および協同組合によって使用される予定だ。

農業で広がるブロックチェーンのユースケース

ブラジルでは農業におけるブロックチェーンのユースケースが増えてきている。米ブルームバーグの報道によると、アラビカ豆(コーヒー豆の品種)の大手協同組合Minasulが、7月中にコーヒーの供給量に支えられたブロックチェーンベースのコインを発行する予定である。

農民組合員は、コーヒー生産に対して、車や食料、肥料、機械、その他の農作物以外の製品の購入に利用できる「コーヒーコイン」を獲得できる。インセンティブの設計を仮想通貨へと置き換える動きでもある同事例は、実際の利用ケースと実用データから、他業界へと利用が拡大する可能性もある。

CoinPostの関連記事

南米の拠点ブラジルでリップル(XRP)が支持を拡大、仮想通貨ビットコインは世界的現象
投資指標ツールを提供するThe Tie社の最新レポートは、仮想通貨ビットコイン(BTC)が「世界的現象」となっていると指摘した。国別比較でBTC否定派が多い南米であるが、ブラジルはリップル(XRP)肯定派が多いことも明らかに。
『進撃の巨人×ブロックチェーン』公式アートワークのデジタル所有権、抽選販売開始
Anique株式会社は、ブロックチェーン技術を活用した新サービスAniqueとして、『進撃の巨人』のデジタル所有権を抽選販売する。世界に一つだけの自分だけのコレクションとして、仮想通貨ウォレットMETAMASKを利用し、所有・売買できるようになる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら