オリコがGINKAN社と資本業務提携、食事で仮想通貨シンクロコインが貯まるサービスをローンチ

食事をすると仮想通貨・SYCが貯まるサービス
株式会社オリエントコーポレーションは、グルメ・SNSアプリを運営する株式会社GINKANと資本業務提携を結んだと発表した。アプリのユーザーは加盟店で食事をすると仮想通貨・シンクロコインが付与される。

オリコとSNSアプリ・「シンクロライフ」運営のGINKANが業務提携

日本の大手信販会社オリコが、GINKANが実施する第三者割当増資を引き受け、株式取得が完了した。

GINKANが運営するSNSアプリ「シンクロライフ」は利用者のスマホの位置情報を利用し、AIが飲食店を紹介するレコメンド機能を搭載したサービスを提供しているが、食事をするだけで仮想通貨・シンクロコイン(SYC)が貯まるサービスを7月1日にローンチしたことで注目を集めている。

シンクロライフの掲載店舗数は現在10万店舗を超え、日本語、英語、韓国語、中国語の4言語、155カ国に対応し、優れた投稿や飲食により貯まったトークンを加盟店での決済や食事券へ交換できるなどのサービスが予定されていて、日本国内はもちろんのこと、世界の飲食市場での成長・普及拡大を見込んでいる。

仮想通貨がより身近に

加盟店で飲食したユーザーは、会計の際、店舗側がスマホやタブレットで示すQRコードを読み込むだけで、加盟店が設定した還元率(1〜5%)相当の仮想通貨・SYCを受け取ることができる。

飲食店側も初期費用と月額費用の負担なしでサービスの加盟店になれる。加盟店になると、アプリ内での露出が増え、ユーザーに飲食店の情報提供が行われる。

GINKAN

また、仮想通貨・SYCを還元した後は、ユーザーに再来店をうながすクーポンがプッシュ通知で送られるなど、加盟店側は集客が容易になるため、こうしたサービスが仮想通貨を身近に感じるきっかけとなれば、投資家層の裾野の拡大につながる可能性がある。

今後両社は、暗号通貨やアプリに実装されたデジタルウォレットを活用して、新たなサービスの開発なども進めていくという。

CoinPostの関連記事

米コインベースCEO、米国版仮想通貨決済のクレジットカードや証拠金取引について言及
仮想通貨取引所CoinbaseのCEOであるBrian Armstrong氏は、「Ask Me Anything(AMA)」セッション中、コミュニティからの質疑応答で米国版Coinbase cardや証拠金取引について言及。今後の展開を示唆した。
博報堂「仮想通貨・ビットコイン」調査|日本人投資家の動向や日常生活の決済手段としての期待度が判明
博報堂が、全国18〜59歳の男女2万人を対象に行なったアンケートで、ビットコインなど仮想通貨購入者の平均年齢は34.7歳、男性比89.0%。平均世帯保有金融資産は、1119万円ということが判明。今後「売買予定あり」の割合も高い数値を示した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら