中国の中央銀行が独自仮想通貨を開発か 「2019年後半の重要業務」

独自の仮想通貨発行が重要業務
中国の中央銀行にあたる「中国人民銀行」が、独自の仮想通貨発行に向け、動きを加速させると発表。2019年後半の重要業務として、仮想通貨の動向や規制について調査を強化していく。

中国の中銀仮想通貨に関して発表

中国の中央銀行「中国人民銀行」が、独自の仮想通貨発行に向けて動きを加速させるとの発表を行なった。現時点では開発を進めているが、実際に発行されるかは明記されていない。

本内容は、2019年後半の重要業務について話し合われたビデオ会議で公表。国内及び海外の仮想通貨動向に関する調査も強化していく意向を示した。規制担当者も仮想通貨について言及し、世界の動きを綿密に調べると述べた。

中国では、2014年からデジタル通貨に関する研究が行われている。中国人民銀行の調査局の代表を務めるWang Xin氏は、フェイスブックが主導する仮想通貨リブラのプロジェクトなどが国際金融へ与える影響を考慮し、独自仮想通貨についてリサーチ段階から開発段階への移行に迫られていると述べていた。今回の会議内容は、2019年後半の中国人民銀行としての重要業務へと実行を見据えたフェーズに移行したことを示す。

先月の26日には中国の4大商業銀行の1行「中国銀行」が、ビットコインの歴史や投資リスクなどについて、教育目的で図解インフォグラフィックを掲載した。中国は政府によって仮想通貨禁止統制が敷かれているため、公にビットコインなどの仮想通貨について言及されることはほとんどなかったが、中国国内における仮想通貨と金融市場の捉え方に変化が起きている可能性にも注目したい。

参考資料:pbc.gov.cn

CoinPostの関連記事

【速報】米小売大手ウォルマート、独自仮想通貨を開発中か
米ウォルマートはブロックチェーンを利用する独自ステーブルコインの特許を申請に出した。米ドルなどの法定通貨に準拠する特徴が仮想通貨リブラに類似すると見られる。
送金大国フィリピンの銀行が独自仮想通貨を発行|ブロックチェーンを活用した銀行取引は同国初
フィリピンの銀行UnionBankが、独自のステーブルコイン(PHX)を発行した。ブロックチェーンを活用した取引を実施する銀行は同国初。出稼ぎ労働者が多いフィリピンで、送金の効率化や透明性向上を狙う。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら