英歳入税関庁、税金調査で複数の仮想通貨取引所に顧客情報を要求

英歳入税関庁、仮想通貨取引所の顧客情報を要求
イギリスの歳入税関庁はコインベース等3つの仮想通貨取引所に対して、顧客と取引の情報の提出を求めている。確定申告の漏れを追及か。

英歳入税関庁、仮想通貨取引所の顧客情報を要求

イギリスの歳入税関庁(HMRC)はコインベースやeToro、CEX.IOとの3つの仮想通貨取引所に対して、顧客と取引の情報の提出を求めていることがわかった。

HMRCは上記3つの取引所に、ユーザーの名前と取引履歴の提出を要求する書簡を送付した。具体的には、「これらの取引は税金の発生する可能性があり、よってHMRCはこれにて情報提出を要求する」としている。

米国では先日、IRS(内国歳入庁)が10,000以上の仮想通貨保有者に対して、正確に税金を申告することを促している。IRSはHMRCが求めるように、コインベースから顧客の情報を入手している。

なお、コインベースなどの取引所は一定の年間取引量を超えた顧客に税金申告のフォーム「1099-K」を送るが、IRSはこのフォームのコピーを受け、ユーザーの仮想通貨売却による総利益などの情報にアクセスできる。

仮想通貨の課税または税制に関わる問題では、日本も同様にユーザーを悩ます現状がある。

ビットコインなどの仮想通貨の人気が拡大した2017年より仮想通貨で得た所得の確定申告が大きく懸念されている。日本の会社員(1社から給与所得を受ける方)などは1年に20万円以上の利益が出た場合に確定申告が必要となるため、多くの仮想通貨投資家・トレーダーは申告対象者に該当する。

関連米IRSが仮想通貨保有者宛に税金催促状


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら