ビットコインが資産の避難先として選ばれた理由 モルガン・クリーク設立者が解説

ビットコインへ資産を避難させる動き
国際情勢悪化が影響し、BTCへの資産逃避が起こっているとの報道が相次ぐ中、米CNBC番組で「ビットコインは本当に安全なのか?」という題材で議論が行われた。

ビットコインの優位性

米中貿易摩擦の激化などの国際情勢を受け、資産の避難先として注目されるビットコイン(BTC)。米メディアCNBCの番組内で、「ビットコインは本当に安全なのか?」との題材で議論が交わされた。

番組出演した米デジタル資産運用会社モルガン・クリーク・デジタルの共同設立者Anthony Pompliano氏は、株式など他の金融商品との相関性が低いことで、ビットコインが資金の避難先として優れている面があると説明。ビットコインの非中央集権的な性質にも、国家情勢に左右されない利点があると見ている。

ビットコインの価格の上昇も、ビットコインの国家に管理されない非中央集権性の特性が注目されたものだと見ており、世界中の人々が、国家の情勢に左右されるのではなく、個人で資産を管理することを選んだからだことを示唆しているとのコメントを行なった。

国際情勢の現状

法定通貨の中国元は、対ドルで1ドル=7元を超えて、昨日11年ぶりの元安水準に達した。中国政府が人民元安水準を容認し、国有企業に米国産の農産物輸入の停止を要請したことを受け、米財務省は中国を通貨を意図的に安く誘導する「為替操作国」に認定。米中貿易摩擦は現在も激化している。

そのような現状で、昨日はビットコインに加え、資産の逃避先として挙げられる金などの安全資産にも買いの広がりが観測された。世界同時株安で、米国債や金への資金流入が確認されている。

参考資料 : CNBC

CoinPostの関連記事

ビットコイン強・アルトコイン弱の流れはいつまで続く?カイザー氏がBTCドミナンスを予想
ビットコイン(BTC)のドミナンスがどこまで伸びるか。仮想通貨の強気派として知られるマックス・カイザー氏が、ドミナンス推移にコメントした。
ビットコイン130万円到達後に乱高下 BTCドミナンスは17年末バブル水準に到達|仮想通貨市況
ビットコインは12,000ドル(127.6万円)の心理的節目を超えても騰勢を強め、一時130万円を超えるなど大幅続伸。19:00以降は、短期上昇の反動で急反落するなど、1日を通して大きく上下に相場が乱高下した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら