CoinPostで今最も読まれています

投資ファンドGrayscaleが大量のビットコインキャッシュの売却を終える

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Grayscale Investmentsがビットコインキャッシュを換金
Grayscale Investmentsが付与された大量のビットコインキャッシュトークン(172501BCH)を投資者に直接支給せず、一度ドルに換金しました。
ビットコインキャッシュの今後
今回のGrayscale Investments「大換金」が終了したことにより、ビットコインキャッシュの価格高騰が期待されています。

ハードフォーク初期では反対する人が多かったビットコインキャッシュは、比較的多くの団体やユーザーに支持されています。

ビットコインキャッシュ投資者にとって、このGrayscale Investmentsのニュースは大ニュースに値するでしょう。

Grayscale Investmentsは、ビットコインの投資ファンドですが、BCHハードフォーク時ファンドとして保有するBTCに対して付与されたビットコインキャッシュトークンを投資者に直接返さず、一度売って現金の形で返すことを発表していました。

過去5週間の間に合計172501BCH(ビットコインキャッシュトークン)が公開市場上で売れましたが、上記の売却過程は正式に終了したことを報告しています。

ある意味では、この「換金」は正解でした。売却が実行されずただ一つのファンドに管理されているトークンが多いことがわかっている状態が続くと、Grayscale Investmentsは市場を暴落させることもできるという懸念点に繋がりかねません。

今回のGrayscale Investmentsは暴落をさせない安定な道を選び、市場に少しずつBCHを投下していきました。

トークンは2017年11月6日まで会社の管理下にありましたが、会社の信託契約に従い、全てのトークンが投資者のために換金されました。換金後、現金は適宜に会社の株主に支給されます。

Grayscale InvestmentsのBCH売却の影響

より具体的に、各株主は1株につき$113.195042(約1万3千円)が支給されます。

これはGrayscale Investments株主にとってもとても良い知らせであり、中には当初期待していた以上の利益を得る人もいるでしょう。

しかし、この売却が行われている最中ビットコインキャッシュの価値はしばらく前から$1400(約15万8千円)付近で安定しています。

驚くことに今回の「換金」による相場の大きな変動はありませんでした。

しかし売却が終わった本日14日にBCHが再度価格上昇を始めたことを考えると、市場の高騰を抑えていた要因の一つであったことに違いはないでしょう。

ビットコインキャッシュの将来にどのようなことが起きるかを見届けていきたいです。

この「大換金」が終わり、市場はまた安定し、売りの圧力が弱まることは間違いないでしょう。

ほとんどのトークンはここ数日のうちに価値が急増しました。

そしてビットコインキャッシュもまた例外ではありません。

しかし、今回の「換金」により仮想通貨界全体にどのような影響が与えられるかはまだ不明です。

Grayscale Investmentsが立ちはだかる脅威でなくなったため、ビットコインキャッシュのこれからに期待できます。

2017年は全暗号通貨にとってなかなかおもしろい一年でした。

最初から反対する人が多かったにもかかわらず、ビットコインキャッシュは比較的多くに支持され生き残っています。

Grayscale Investmentsはビットコインキャッシュから手を引き、一つの障害物がなくなりました

2017年の終わりにはまだ何かが起こりそうです。しかし、どのようにことが運ぶかは今のところまだ未知のままです。

Grayscale Investments Completes Bitcoin Cash Liquidation

Dec. 13, 2017 by JP Buntinx

参考記事はこちらから
仮想通貨 ビットコインキャッシュ(BCH)ニュースまとめ
ビットコインキャッシュ(BCH)に関するニュースのまとめ記事です。価格変動に関わってくる情報や今後のプロジェクトの予定等を随時更新していきます。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧