CoinPostで今最も読まれています

投資ファンドGrayscaleが大量のビットコインキャッシュの売却を終える

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Grayscale Investmentsがビットコインキャッシュを換金
Grayscale Investmentsが付与された大量のビットコインキャッシュトークン(172501BCH)を投資者に直接支給せず、一度ドルに換金しました。
ビットコインキャッシュの今後
今回のGrayscale Investments「大換金」が終了したことにより、ビットコインキャッシュの価格高騰が期待されています。

ハードフォーク初期では反対する人が多かったビットコインキャッシュは、比較的多くの団体やユーザーに支持されています。

ビットコインキャッシュ投資者にとって、このGrayscale Investmentsのニュースは大ニュースに値するでしょう。

Grayscale Investmentsは、ビットコインの投資ファンドですが、BCHハードフォーク時ファンドとして保有するBTCに対して付与されたビットコインキャッシュトークンを投資者に直接返さず、一度売って現金の形で返すことを発表していました。

過去5週間の間に合計172501BCH(ビットコインキャッシュトークン)が公開市場上で売れましたが、上記の売却過程は正式に終了したことを報告しています。

ある意味では、この「換金」は正解でした。売却が実行されずただ一つのファンドに管理されているトークンが多いことがわかっている状態が続くと、Grayscale Investmentsは市場を暴落させることもできるという懸念点に繋がりかねません。

今回のGrayscale Investmentsは暴落をさせない安定な道を選び、市場に少しずつBCHを投下していきました。

トークンは2017年11月6日まで会社の管理下にありましたが、会社の信託契約に従い、全てのトークンが投資者のために換金されました。換金後、現金は適宜に会社の株主に支給されます。

Grayscale InvestmentsのBCH売却の影響

より具体的に、各株主は1株につき$113.195042(約1万3千円)が支給されます。

これはGrayscale Investments株主にとってもとても良い知らせであり、中には当初期待していた以上の利益を得る人もいるでしょう。

しかし、この売却が行われている最中ビットコインキャッシュの価値はしばらく前から$1400(約15万8千円)付近で安定しています。

驚くことに今回の「換金」による相場の大きな変動はありませんでした。

しかし売却が終わった本日14日にBCHが再度価格上昇を始めたことを考えると、市場の高騰を抑えていた要因の一つであったことに違いはないでしょう。

ビットコインキャッシュの将来にどのようなことが起きるかを見届けていきたいです。

この「大換金」が終わり、市場はまた安定し、売りの圧力が弱まることは間違いないでしょう。

ほとんどのトークンはここ数日のうちに価値が急増しました。

そしてビットコインキャッシュもまた例外ではありません。

しかし、今回の「換金」により仮想通貨界全体にどのような影響が与えられるかはまだ不明です。

Grayscale Investmentsが立ちはだかる脅威でなくなったため、ビットコインキャッシュのこれからに期待できます。

2017年は全暗号通貨にとってなかなかおもしろい一年でした。

最初から反対する人が多かったにもかかわらず、ビットコインキャッシュは比較的多くに支持され生き残っています。

Grayscale Investmentsはビットコインキャッシュから手を引き、一つの障害物がなくなりました

2017年の終わりにはまだ何かが起こりそうです。しかし、どのようにことが運ぶかは今のところまだ未知のままです。

Grayscale Investments Completes Bitcoin Cash Liquidation

Dec. 13, 2017 by JP Buntinx

参考記事はこちらから
仮想通貨 ビットコインキャッシュ(BCH)ニュースまとめ
ビットコインキャッシュ(BCH)に関するニュースのまとめ記事です。価格変動に関わってくる情報や今後のプロジェクトの予定等を随時更新していきます。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況
18:11
バイナンス、アルトコイン5銘柄(通貨ペア)を6月14日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン5銘柄(5つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月14日 UTC3:00(日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
16:40
WebX2024、最大55%OFFの超早割チケット販売終了まであと2日
国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostが企画・運営するWeb3カンファレンス「WebX2024」。超早期割のセール期限まであと2日。
16:09
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を開始へ キャプ翼NFTなど発売
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を2024年6月18日に開始。第一弾は『Captain Tsubasa Team Collection』など3つのコレクションを発売予定。NFT初心者も安心のインターフェース採用。
13:55
EUイノベーションハブ報告書、匿名銘柄や仮想通貨ミキサーで犯罪捜査が困難に
欧州連合域内安全保障イノベーションハブは、初の暗号化レポートを公開。暗仮想通貨に関するセクションでは、犯罪収益のマネロンに仮想通貨が広く使用されていると指摘し、ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションが普及すると、資金の追跡がより困難になると懸念を表明した。
13:20
韓国ビッサム、仮想通貨「ICP」新規上場予定
リスティングの対象仮想通貨銘柄は、DFINITYの「ICP(インターネット・コンピューター)」で、韓国ウォンとの通貨ペアで韓国時間12日17時より提供を始める。
13:05
リップル社、スタンダード・カストディの買収完了 米ドルステーブルコイン発行へ
米リップル社は、スタンダード・カストディの買収を完了したと発表した。今年後半に米ドル建てステーブルコインの発行を目指す。
12:10
ビットコイン66000ドルまで続落、CPIとFOMCを間近に控えリスク回避売り先行か
暗号資産(仮想通貨)相場では、重要指標のCPIとFOMC及びパウエル議長記者会見を控える中、ビットコインは66000ドルまで続落した。リスク回避売りが先行しており、アルト相場からの資金抜けが目立つ。
11:20
トランプ氏、ビットコインマイニングの支持を表明 企業CEOらと面会
共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏は12日、仮想通貨ビットコイン採掘の支持を表明し、首都DCでビットコインマガジンのDavid Bailey CEOや米上場のマイニング大手のCEOらと会談。
10:45
ポリゴン、970億円規模の助成金プログラム開始
仮想通貨ポリゴンの開発者を支援するため、Polygon Labsは970億円規模の助成金プログラムを発表。プログラムの概要や特化する領域を説明している。
09:45
「ビットコインは大幅に過小評価」米著名投資家ビル・ミラー氏見解
米国の著名投資家ビル・ミラー氏は、仮想通貨ビットコインは依然として大幅に過小評価されているとの見解を発表した。
08:45
ステーブルコイン発行企業テザー、今後1年間10億ドル超の投資見通し
同社はすでにステーブルコインの発行で保有している米国債から巨額の利益を出しており、24年1Q(1月から3月)では約14兆円の米国債保有だった。
07:45
カナダ上場企業DeFi Technologies、ビットコイン財務戦略採用 
東証上場のメタプラネットは11日新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを報告した。合計141 BTCの保有数となった。
07:10
「仮想通貨投資家はFOMCに注目を」レポート
仮想通貨相場における米FOMCの重要性などを記載したレポートをK33リサーチが公開。ビットコインやイーサリアムの相場に言及している。
06:30
バイナンスラボ、Zircuit(ザーキット)に出資
Zircuitネットワークは現在35億ドル以上のステーク資産をホストしており、「Build to Earn」プログラムには1,100件以上の申し込みがあった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア