人気トークAPP「テレグラム」で仮想通貨取引 BTCやETHなど主要仮想通貨の取引を開始へ

「テレグラム」でBTCやETHの取引が可能へ
3億人の利用者がいるSNSアプリ テレグラムは、10月の独自チェーンTONのローンチに際し、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など複数の銘柄を取引するサービスのテスト版を公開する。

「テレグラム」でBTCやETHの取引が可能へ

暗号化した匿名機能で人気なコミュニケーションアプリ「テレグラム」で、まもなく主要な仮想通貨の取引を行うことができるようになる。

メッセージベースの仮想通貨ウォレット「BUTTON Wallet」の公式発表によると、テレグラムの独自ネットワーク「TON」において、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)やその他のERC20トークン間の取引、または法定通貨との取引を提供するテスト版サービスを開始する。

TONのメインネットローンチは10月に予定されているが、ローンチに向けたテストモデルの試運転期間に、ユーザーはテスト用通貨GRAMSを取得し、取引を試すことができるという。

取引方法は、テレグラム上で接続に必要なBOTを取得する簡単なやり方で、取引はテレグラム上で行われる。BOT取得後の取引方法には日本語の解説も確認できた。

出典:Telegram

テレグラムは現在およそ3億ユーザーを抱えており、世界最大のSNSに仲間入りしている。BUTTON側は、「テレグラムのTONはビットコイン誕生以来最も重要なイベントとなり、3億のユーザーの利用者もとに、仮想通貨の利用普及をより一層拡大させるだろう。」と期待感を抱いているという。

関連テレグラムの独自仮想通貨Gram

参考:BUTTON Wallet

CoinPostの注目記事

1BTCの保有で世界の富豪になる時代は来る 仮想通貨取引所バイナンスとコインベースCEOが強気発言
ビットコインの発行上限を踏まえ、1BTCの保有で世界の富豪に仲間入りする時代が来ると、仮想通貨取引所バイナンスとコインベースのCEOらが発言した。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/20更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら