「リブラへの締め付けは懸念しない」リブラ協会の複数企業、脱退の意向示さず

リブラ協会の参加企業ら、規制の締め付け恐れず
各国政府により懸念かつ警戒感を示される仮想通貨リブラに関して、「リブラ協会」の参加予定企業らは、規制による締め付けを不安視していないことがわかった。脱退も不安視されるなか、存続する意向を示した。

規制の締め付け恐れず

フェイスブック社が主導する仮想通貨リブラで、発行・管理する団体「リブラ協会」の参加予定企業の多くは、現在の温度感として、規制による締め付けに対して不安視していないことがわかった。

リブラプロジェクトはこれまで、各国政府によって懸念と警戒を示されており、世界的に規制される可能性も指摘。先日には、英FT誌で参加予定の企業3社がリブラ協会から手を引くことを検討していることが報じられており、プロジェクト存続への注目度は高い状況にあった。

関連リブラプロジェクトから3社が離脱を検討

CoinDeskの報道によると、リブラ協会の匿名情報元によると、参加予定企業リストに入っている28社のうち、取引所コインベース、大手カストディ企業Xapo、著名VCのa16zとUnion Square Venturesなどは、依然リブラプロジェクトに前向きな見解を示しているという。

Xapo社とブロックチェーン企業Bison Trails社のCEOも、離脱する計画はないと明かしたほか、コインベースの代表は、「フェイスブック社が6月に発表したように、コインベースが参加企業であることに変わりはない。」と発言した。

上述したように、数社ほどは脱退を検討しているものの、不明確な規制に直面しながら、多くの企業はリブラ協会に参加する意欲を示しているとした。

さらに、事情に詳しいソースによると、フェイスブック社とその他のリブラ協会参加企業は現在スイスにおいて協会の「非営利団体認可」の取得に向けて動いているという。

参考:Coindesk

CoinPostの注目記事

「リブラへの懸念は拭えず」米議員団が仮想通貨規制議論でスイスを訪問
米下院金融サービス委員会のMaxine Waters委員長がリブラ協会の拠点スイスを訪問。リブラの規制を行う政府当局者との会談を実施したが、リブラに対する懸念払拭には至らなかった。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/20更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら