ジーキャッシュ(ZEC)の開発企業、2019年Q1で約6,000万円の赤字

ZECの開発企業、2019年Q1で約6,000万円の赤字
匿名通貨ジーキャッシュ(ZEC)を開発する企業Electric Coin Company(ECC社)は最新のQ3財務報告書にて、今年のQ1(1〜3月)における出費や赤字などの詳細を明らかにしている。赤字は、月平均で2,000万円に及ぶ。

ZECの開発企業、2019年Q1で約6,000万円の赤字

匿名通貨ジーキャッシュ(ZEC)を開発する企業Electric Coin Company(ECC社)は最新のQ3財務報告書にて、今年のQ1(1〜3月)における出費や赤字などの詳細を明らかにしている。赤字は、月平均で2,000万円(計6,000万円ほど)に及ぶと言う。

関連Zcash(ジーキャッシュ)とは

報告書によると、Q1においてECC社は毎月の所得として6,157 ZECを受けていた。当時の平均価格55ドルとして、338,635ドル(約3600万円)に相当する。

しかし出費が所得を上回り、月平均で525,000ドル(約5600万円)の出費を記録していた。

なお、ECC社が所有する「ZECとUSD」はQ1付で520万ドルだったが、Q3現在(7〜9月)では640ドルに相当する「ZECとUSD」に増えてきている。

ECCがマイニングで得たZECはエンジニアリングやグローバル普及活動、規制関連案件などに当てられている。

参考資料:ECC社の財務報告書

CoinPostの注目記事

米仮想通貨取引所コインベース、英国でZcashのサポート終了へ|歳入税関庁からの書簡が理由か
米仮想通貨取引所コインベースが、英国ユーザーに対し、匿名仮想通貨Zcash(ZEC)の取り扱いを中止することを発表。8月26日までに他の仮想通貨に交換するなどの対応を求めている。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します