ALTCAP分析でアルトコインの反発ポイントを分析、急落後のビットコインは際どい位置に|仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)市況
週末の仮想通貨ビットコイン(BTC)は7日朝、溜まっていたOIから懸念されていた急落が発生、9日現在も際どい位置を推移している。海外トレーダーによるALTCAP分析では、アルトコインの仕込み場を探る。

ビットコイン(BTC)市況

スペイン・バルセロナ経済大学院で金融市場の修士号を取得し、トレーダーとして活躍するValdrin Tahiri氏の分析によれば、2年間のベア相場を経てた現在、再反発のチャンスが訪れているという見方も出来る。

多くの投資家が、次の「Alt Season」の始まりを待ち望む中、アルトコイン全体の時価総額(ALTCAP)は、ビットコイン(BTC)が底値圏にあった2018年12月以降、80%の増加を見せている。しかしALTCAPは、2018年の最高値5600億ドルに対して、現在の800億ドルは実に「85%安」に相当しており、依然として失ったダメージを挽回できてはいない。

出典:beincrypto.com

Valdrin氏は、アルトコインの時価総額(ALTCAP)をチャートに落とし込んだ上でテクニカル分析を行い、以下のように解説している。

現在の770億ドルのサポートエリアのほか、上位足では670億ドル付近に強力なサポートライン(下値支持線)があり、意識されやすいフィボナッチ・リトレースメント0.786にも相当する。

出典:beincrypto.com

出典:beincrypto.com

さらに、8月29日と9月6日には、ALTCAPチャートがダブルボトム(二番底)を形成。15日移動平均(MA)を上回るなど、反転攻勢のチャンスも伺えるという。2019年後期から2020年にかけて、メジャーアルトの大型アップデートや国際カンファレンスなど材料も控えており、仕込み時を狙う投資家も少なくないものと考えられる。

出典:beincrypto.com

ただし、主要アルトは、”基軸通貨”であるビットコイン(BTC)価格に追従する性質があり、買い方のデッドラインである9,000〜9100ドル付近(ディセンディングトライアングル下限)を割り込むようだと全面安になる可能性が高いため注意したい。

テクニカル分析

仮想通貨ビットコイン(BTC)は、7日(土)2時すぎ、溜まっていたOI(未決済建玉)からも懸念されていた相場の急落が発生した。(下図:bitFlyer)

しかしその後下降チャネルに沿って続落してもおかしくない局面であったが、落ちそうで落ちない展開を見せている。9日11:00時点のビットコイン(BTC)価格は、BitMEXで10400ドル、bitFlyerで111万円台を推移している。

ペナント下限に加え、日足100MA(移動平均線)が下支えしているが、これを下放れした場合は、チャネル中央線の9,000ドル付近まで落とされる可能性もある。一方、ペナントを上放れした場合は、12,000ドル付近(②)の攻防に推移することになりそうだ。8月の直近高値まで抜けることさえ出来れば、少なくとも短期下落トレンドは完全に脱却したと言っても過言ではないが、はたして。

CoinPostの関連記事

『日本の仮想通貨市場復活のために』業界最先端のトレーディングツール、デコチャート開発秘話
仮想通貨業界の有志が共同開発する、最先端の仮想通貨トレーディングツール「DECOCHART」プロジェクト。CoinPostの取材で、開発の舞台裏や今後のビジョンが明らかとなった。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/20更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら