テレグラムの独自ブロックチェーンプラットフォーム「TON」、テストネットコードを公開

TONテストネットコードが遂に公開
世界最大手のチャットアプリ「テレグラム」は、独自のTONブロックチェーンにおけるテストネットのソースコードを公開した。10月31日までにメインネット実装を予定している。

TONテストネットコードが公開

仮想通貨界隈でも大人気なトークアプリ「テレグラム」は、独自のTONブロックチェーンにおけるテストネットのソースコードを公開した。メインネット運用開始前への最終段階となる。

ユーザーはコードを持ち、フルノード・バリデータノードを立ち上げることができるほか、ブロックチェーンエクスプローラーを試行することも可能だという。

なおTONラボのCTOはCoindesk に、デベロッパー用のツールスイートパブリックベータ版を9日に公開すると話した。

Telegram Open Networkのメインネット・ローンチは、10月31日までの実装を予定している。TON Labsによれば、TONブロックチェーンはイーサリアムベースのソフトウェアと互換性があるという。

参考:TONソースコード

CoinPostの注目記事

人気トークアプリ、テレグラムの独自ブロックチェーンが「オンライン」に
人気トークアプリ「テレグラム」が開発する独自のブロックチェーンネットワーク「TON(Telegram Open Network)」における仮想通貨ウォレットが「オンライン」になったことが確認された。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/20更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら