バイナンス、仮想通貨先物取引所の正式ローンチを発表

バイナンスの仮想通貨先物取引が正式に開始
バイナンスは、先物取引所が正式に開始されることを発表した。現時点では一般公開ではなく「招待客」に限定されているが、ユーザー投票の結果をもとに選定した先物取引所が決定したと予想される。

バイナンスの仮想通貨先物取引が正式に開始

仮想通貨取引所バイナンスが手がける先物取引所「Binance Futures」が正式に開始した。CEO CZ氏がツイッターで明かした。現時点では「招待」されたユーザーに限られており、一般公開には至っていない。

今回の発表を受け、ユーザー投票の結果をもとに選定した先物取引所が決定したと予想される。

バイナンス9月3日、2つの先物取引所のテスト利用をすべてのユーザーに対して公開、最も最適な取引環境へのユーザー投票を行なっている。プラットフォームAはバイナンス独自で開発したもの、プラットフォームBは先日バイナンスが買収したデリバティブ取引所JEX=現在「Binance JEX」とリブランディングされている。

ユーザー投票を通じて、バイナンスはどちらのプラットフォームを先物取引所として導入するかを決定するとしていた。

決定したプラットフォームは明かされていないものの、テストコンペの結果からは、Aのバイナンスオリジナルが優勢で、出来高は3.15億BTCと高い水準で推移しているという。

どの取引所が利用可能になるか、バイナンスの公式発表が行われ次第追記いたします。

関連「バイナンスJEX」、BNB所有者に独自通貨のエアドロップを発表

CoinPostの注目記事

「米国版バイナンス」数週間以内にローンチへ|登録には本人確認が必要
バイナンスが、米国版取引所「Binance.US」を数週間以内にローンチすると発表した。ユーザーには厳格な本人確認手続きを課すと説明。現在はサービスをどの州で開始するかを選考している。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/20更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら