仮想通貨ベンチマーク企業CoinGecko、新たな「信用スコア」で透明性強化へ

CoinGecko、新たな「信用スコア」で透明性を強化へ
CoinGeckoは、出来高水増しなどの問題に対応し、仮想通貨取引環境の透明性を強化するため、仮想通貨取引所を評価する「信用スコア」を導入した。トップ10の取引所スコアも公開している。

CoinGecko、新たな「信用スコア」で透明性を強化へ

仮想通貨ベンチマーク企業CoinGeckoは仮想通貨取引環境の透明性を強化するために、仮想通貨取引所を評価する新たな「信用スコア」にアップグレードした。

CoinGeckoの公式発表によると、新た評価システム「信用スコア 2.0」では、取引所のAPI技術カバレッジ・業務規模・仮想通貨の準備金・規制コンプライアンスとの4つの要点を従来のシステムに加えている。

1から10まで「十段階スコア」で評価するシステムとなっており、最新の「信頼できる」取引所トップ10は以下のようになっている。(現在ベータ版)

出典:CoinGecko

CoinGeckoは今年の5月に「信用スコア 1.0」を導入した。同社は、取引所が行う出来高の水増しなどの問題で、単なる出来高で取引所の規模と信用度を評価することは業界を正確に反映できないことを導入の理由としている。

関連ビットコイン取引の95%は偽造? 蔓延する「Fake Volume」の原因と対応策

同じ大手ベンチマークのCoinMarketCapも、取引所の評価を再審査するために、11月12日に新たな評価基準を導入予定だ。

さらに、同業者であるCryptoCompareは8月に、信用度の低い取引所が依然として市場の大半を占めている現状に関する報告書を発表。ベンチマーク企業による審査・評価の透明性向上によって、よりクリーンな業界が実現することで、信頼できる金融業界としての立ち位置が確立するだろう。

参考:CoinGecko公式発表

CoinPostの注目記事

仮想通貨出来高水増し問題、低信用度の取引所の水増し高が再び増加=CryptoCompareの最新報告
CryptoCompareの最新レポートで、信用度の低い取引所の出来高水増し額が19年に入り拡大していることがわかった。bitFlyerやKrakenなどは、信頼度で最高位を獲得。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/22更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら