夏枯れ相場のビットコイン(BTC)、海外著名アナリストは8000ドル台までの落下を警戒|仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)市況
海外著名アナリストは「今後数日のうちに買い圧力が見られない場合」のBTC展望を予測、厳しい局面にあるとの見解を示した国内取引所も小康状態にある中、「米国版バイナンス」のローンチが18日に決定した。

ビットコイン(BTC)市況

米トランプ大統領が、中国への関税発動を10月1日から10月15日に延期すると発表したことで、日経平均株価は7日続伸、ドル円も107円台後半まで回復した。香港でもでも政府が一部譲歩したほか、米中貿易摩擦では10月に閣僚級交渉が控えていることも市場の懸念を和らげた。

日本時間明日、13日に本家バイナンスが米国ユーザーへのサービス提供を停止することを受け、サンフランシスコを拠点とする「Binance.US」が、9月18日午前8時からアカウント登録および「仮想通貨の入金受付」を開始する。「ビットライセンス」規制の都合上、米ニューヨーク在住者は対象外となるが、世界最大の仮想通貨取引所が、米国に進出する影響は決して小さくない。

サービス停止における米国マネーの流入減や出来高減少が危惧されるアルト市場において、その影響が注視されている。

速報 米国版バイナンス、9月18日から登録と入金の受付開始|最初はBTC・ETH・XRPなど6銘柄を提供
「Binance.US」が9月18日の午前8時から、アカウント登録と仮想通貨の入金の受付を開始する。日本時間13日には本家バイナンスが米国ユーザーへのサービス提供を停止する。

サポートするのは、以下の6銘柄だ。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • テザー(USDT)

バイナンス関連では、9日にオープンしたばかりのバイナンスの仮想通貨先物取引が、招待客への限定公開でありながら、早くもBTC/USDTの24時間出来高が1億5000万ドルを突破したことが判明している。

オープン直後のバイナンス先物取引、24h出来高が1億5000万ドル/日を突破
9日にオープンしたばかりのバイナンスの仮想通貨先物取引所。限定公開でありながら、早くもBTC/USDTの24時間出来高が1億5000万ドルを突破するなど、人気の高さを示した。

ビットコイン(BTC)テクニカル分析

ビットコイン(BTC)は、1万ドルから反発を見せた。12日11時現在、bitFlyer109万円、BitMEX10100ドル台で推移している。

下降ウェッジ上抜けで4hMACDがゴールデンクロスすれば、8月中旬と8月末のような大幅続伸(短期トレンド転換)も見られるかもしれない。(下図:bitFlyer)

一方、ディセンディングトライアングル上限が下がり続けており、約3ヶ月に渡ってレンジを狭め、収束点に向かいつつある。(下図:BitMEX)

4h雲の覆いかぶさる10200ドル(110万円)台は売りの強い価格帯であり、リバウンド挟みつつ急落を繰り返す直近の相場から脱却する術は、現時点では見つかっていない。

なお、7月の仮想通貨相場の乱高下を経て、8月の夏枯れ相場では、仮想通貨取引所GMOコインやTAOTAOの売買代金が前月比で大幅減少していることも明かされている。(「GMOフィナンシャルHDの開示速報」)

海外アナリストの見解

なお、海外人気アナリストJosh Rager氏は、最新のチャート分析(11日)で最新の相場観について解説した。

朝5時ごろの相場:日足でみると、過去3回機能したサポートエリア=9375ドル〜9620ドルから回復し、20日平均線を上回った状態に戻っている。なお、月足レジスタンスを10,775ドルと設定している。

Rager氏は、「今後数日のうちに”買い圧力”が見られない場合、先日の9,000ドル台の支持線を再び試すことになるだろう。もし9,300ドル台を明確に割り込めば、8,000ドル台まで落下する可能性も考えられる」と見ている。

CoinPostの関連記事

『日本の仮想通貨市場復活のために』業界最先端のトレーディングツール、デコチャート開発秘話
仮想通貨業界の有志が共同開発する、最先端の仮想通貨トレーディングツール「DECOCHART」プロジェクト。CoinPostの取材で、開発の舞台裏や今後のビジョンが明らかとなった。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/22更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら