モナコイン急騰で前日比89%高を記録 bitFlyerでは取引の停止が確認

MONA急騰で、bitFlyerの取引が停止
「モナコイン(MONA)」の価格が暴騰水準を記録、前日比89%高の200円まで価格を続伸させた。この価格急騰に伴ってか、日本の仮想通貨取引所bitFlyerでモナコイン取引ができない事象が確認されている。

MONA急騰で、bitFlyerの取引が停止

日本の仮想通貨取引所bitFlyerで、モナコインが取引できない事象が確認された。

CoinPostが調査した状況では、同取引所のブラウザ版とアプリ版のモナコイン取引で、「CLOSED」とのメッセージを確認。取引ができない状況になっていた。

出典:bitFlyer

18時30分時点で確認した状況では、17時58分の取引履歴を最後に取引が更新されていなかった。

17時58分時点のモナコインの価格は160円〜170円水準で取引が行われていた。価格の暴騰が急ピッチであったため、取引ユーザーが殺到した可能性もある。

追記:19時20分時点で取引再開が確認された。

「モナコイン(MONA)」の価格が暴騰水準を記録した。一時100円目前まで下落していたモナコインは14日、日本時間昼ごろに急反発を記録すると、高値圏を維持。日本時間17時に再び高値を切り上げ200円まで価格を続伸させた。

200円到達時には、通貨を取り扱うCoinCheckでは前日比89%高水準に。5月末以来の大きな価格高騰を記録した。

価格の高騰背景については、本日昼の記事で掲載している。

関連:仮想通貨モナコインが急騰、8月以降最大上げ幅に


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら