仮想通貨取引所OKEx Korea、Monero・Dash・Zcashなど匿名性通貨5種を上場廃止

仮想通貨取引所OKEx KoreaがZcashなどの匿名通貨を上場廃止
仮想通貨取引所OKEx koreaが匿名性通貨5種の上場廃止を発表した。FATFによる厳格なマネロン対策の「新規制」に反すると判断したとされ、他に波及する可能性を含め今後の影響が注視される。

OKex KoreaがZcashなど5種の匿名通貨を上場廃止

仮想通貨取引所OKEx korea(OKExの韓国部門)は9月16日、5種の仮想通貨monero(XMR)、dash(DASH)、zcash(ZEC)、horizen(ZEN)、super bitcoin(SBTC)の上場を取りやめることを発表した。

これら5種の仮想通貨は匿名性通貨と呼ばれ、プライバシー志向の通貨である。

上場取りやめの理由は、マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(以下FATF)の「トラベル・ルール」に違反すると判断したためだという。5種のコインの取引サポートは10月10日に終了し、引き出しは12月10日まで可能である。

トラベル・ルールと匿名通貨

「トラベル・ルール」とは、FATFが6月にマネーロンダリング対策として新たに制定した、仮想通貨関連事業者による仮想通貨の送・受金に際して、送り主と受取人の個人情報を記録するという厳格な国際基準ルールである。

また、ビットコインなど通常の仮想通貨の取引は送金元と送金先、送金した金額などがブロックチェーン上に記録され誰でもその情報を見ることができる。

それに対して匿名性通貨と呼ばれる仮想通貨は、様々な技術を使ってそれらの情報を非公開にしたものである。

しかし、そうした匿名通貨ではトラベル・ルールの遵守が難しいため、今回の上場取り止めという判断につながったと思われ、今後他国の仮想通貨交換業者(取引所)における「上場可否の判断基準」に波及する可能性を含め、市場への影響が注視されることになるだろう。

なお、今回上場取りやめになった仮想通貨のうちdash(DASH)は一般的には匿名通貨と言われるが、開発を中心的に担っているDashコアグループはプライベートセンドの法的位置付けを訴える声明文を公開しており、匿名通貨としての位置づけは規制と法律の観点から見ると、誤ったDashの取り扱い方であると主張している。

原文は、日本語で読むことも可能だ。

参考:OKEx Korea delisting all privacy coins

CoinPostの関連記事

JBA代表理事 加納氏が「V20での議論」を読み解く|日本仮想通貨規制の先進性とは
日本ブロックチェーン協会(JBA)の新代表理事に就任した加納裕三氏が、V20で登壇した内容とワークショップで議論された内容を詳しく解説した。日本の規制の優位性とその重要性を読み解く。
コインチェック:6月18日に匿名通貨(Monero/Dash/Zcash)に加えてAugurの取り扱いを廃止
日本最大手の仮想通貨取引所「コインチェック」が、6月18日付けで匿名通貨のMonero、Dash、Zcashに加えてAugurの取扱いを廃止することが、特別な政府広報媒体である「官報」によって公告されました。市場期待度も高い、金融庁の認可となるコインチェックの業登録に向けて、対応を進めているものと思われます。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら