【速報】米CME、2020年Q1にもビットコインオプション取引を提供へ

米CME、2020年Q1でBTCオプション取引を予定
米大手デリバティブ取引所CMEは、2020年Q1(1〜3月)にてビットコインのオプション取引を開始する予定を正式に発表した。現在CFTCが審査を行なっている。
           

米CME、2020年Q1でBTCオプション取引を予定

米大手デリバティブ取引所CMEは、2020年Q1(1〜3月)にもビットコイン(BTC)のオプション取引を開始する。現在規制当局CFTCが審査を行なっていると公式で発表した。

CMEの担当役員Tim McCourt氏は、「BTC先物では、顧客からの需要が拡大している。新たに開始するBTCオプション取引は、BTC価格をヘッジする手段になり得る。」と言及。機関投資家とプロなトレーダーが規制された環境で、BTC現物市場へのエクスポージャーを管理し、先物のポジションをヘッジしやすくなるように設計された商品だと説明した。

なお、アルトコインのデリバティブ商品をローンチする計画について取材を行なったTheBlockに対して、、McCourt氏は以下のように回答した。

ビットコインは必要不可欠だ。顧客のニーズに応えるのが最も重要なため、CMEは現在ビットコインにフォーカスしている。

仮想通貨市場のオプション取引は、LedgerXやバイナンス JEXなど複数の提供元がある一方、仮想通貨オプション取引市場の巨大シェアをDeribitが有している(90%以上)。この支配率は仮想通貨デリバティブ市場において圧倒的な数字であるが、CMEなどの伝統的取引所などが仮想通貨オプション取引市場に参入することで、機関投資家が中心になる市場は過熱する可能性がある。

関連米CMEのビットコイン先物出来高が直近4ヶ月で最低水準へ|Bakktローンチを控え


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら