CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨Verge(XVG)が何故次世代通貨として注目されているのか?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインの問題点
その名を知らない人がいないほど人気になったビットコインですが、取引に様々な問題を抱えていることで、次世代アルトコインに注目が集まっています。
Vergeの価格上昇率でわかる市場の期待感
 年初から約12900倍を記録しており、ビットコインとの比較対象としては適さないが、市場の期待感が伺えます。

今ではビットコインということばを聞いたことがない人のほうが少ないでしょう。

ビットコインは今年、時価総額1800%という記録的な上昇をし、世界的なニュースとなりました。

世間の多くの人はこのような結果の裏には、ビットコインの有用性に期待を抱き、またはビットコインを瞬時に行える次世代決済手段と捉えている方も多くいます。

しかし、実際にビットコインを実際に利用し、扱ったことがある人はその取引効率、速度、そして手数料の問題も知っていると思います。

取引手数料は日に日に上昇し、取引所間送受信に数時間かかることもあります。

更に需要が増加し手に負えないほどになってしまったとき、仮想通貨取引所は取引の新規の受け入れを一時的に停止する可能性もあります。

世界を変えると言われている革命的技術にとってはいいスタートとは言えません。

しかし、ビットコインの現状や影響によりブロックチェーン界はビットコインの代替通貨となる、アルトコインの大きな競争へと発展しています

ビットコイン2.0としての期待

技術は日々進化している中、ビットコインがデジタル通貨として繁盛するためには需要を満たす膨大なスケールアップが必要です。

多くの人はビットコインが成功せず、代わりによりすぐれた存在に超えられると予想しています。

Vergeはまだ無名に近いアルトコインですが、ここ数ヶ月間、大きく躍進しています。

Yahooニュースでは、

Vergeは今年、ビットコインを大きく上回った

と報道されました。

Vergeはブロックチェーンのセキュリティおよび匿名性に加え、取引量許容量と取引時間を向上させたため、「ビットコイン2.0」と言われています

ビットコインの公的なブロックチェーンには匿名性が不足しています。

Vergeは複数の匿名性を中心としたネットワーク(TorやI2Pなど)を合わせることでその問題を解決しました。ウェブサイトによると、ユーザーのインターネット(IP)アドレスは不明瞭にされ、取引は完全に追跡不能になりました。と記載されています。

比喩して比較した場合、ビットコイン取引がトラクターよりも遅いとすると、Verge取引は光速で取引が可能です。

Vergeブロックチェーン取引はSimple Payment Verification(SPV)技術により、5秒以内に取引を実現しています。

そして、Vergeは民間企業ではないためcommunity feel(技術の方針と通貨の行き先の責任は全てコミュニティのメンバーにあるという意味)を大切にしています

またVergeは現在、管理するためのいくつかの安全なモバイルウォレット(モバイル匿名性を提供するTor Android Walletを含む)を提供していることもプラスの材料と言えるでしょう。

Verge急上昇

Vergeはデジタル通貨界のゲームチェンジャーになりつつあります。年初からの倍率を以下に記述します。

Verge(XVG):1XVG=0.0023円〜最高値29.67円にタッチし、現在27.98円付近を推移

2017/01/01〜2017/12/25 約12900倍を記録

上昇に関してはビットコインをはるかに超えています。

現在(12月24日)、Vergeの時価総額は$35億で総トークン数165億のうち、145億トークンが市場に供給されています。 Vergeの大半はBinanceとBittrexで取引され、過去24時間の間に数十億ドルの動きが記録されています。

仮想通貨界は常に変化しており、今回はVergeを紹介していますが、アルトコインにビットコインが地位を譲るときが来る時は近いかもしれません。

Why Verge Could Be the Next Bitcoin

Dec. 24, 2017 by James Levenson

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧