XRP先物やローンも対象に リップル社が分散型金融商品(DeFi)の開発に注力

リップル社が分散型金融商品の開発に注力へ
リップルのXpringがXRPを基にした分散型金融商品の開発事業を開始した。Xpringは以前よりDeFi関連企業に投資を行っていた。

リップル社、分散型金融商品の開発に注力へ

リップル社はXRPを基にした分散型金融商品(DeFiプロダクト)の開発事業に乗り出した。これは同社にとって初めてとなる試みだ。

リップル社のVC投資部門であるXpringは、分散型決済プラットフォーム「Logos Network」の買収を行った。それに伴い、開発チームへ新たにエンジニアが9人増員されることになる。買収額は公開されていない。

なおLogos NetworkのCEOであるMichael Zochowski氏はXpringのDeFiプロダクト部門の長になるという。

Xpringとは

リップルの新しいイニシアチブで、実績のある起業家が運営する企業やプロジェクトに投資、育成、買収、助成金を提供している。2018年5月14日より始動。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

以前にLogos Networkは、ビットコイン(BTC)ネットワークを利用した決済システムの構築を行っていたが、今回の買収により、仮想通貨XRPのデリバティブやローンなどの金融商品の構築を支援することになる。

Xpringの責任者Ethan Beard氏は、このプロダクト開発について「初期段階にあり模索している状態だ」と語っており、そのプロジェクトの詳細な方向性は未だ決定していないが、過去にもSecuritizeやDharmaといったDeFi関連企業に出資をしており、同分野へ注力する姿勢は維持し続けている。

先月、Beard氏はXRPの生態系(エコシステム)を拡大するためのツールを開発していると明かした。投資部門のVCとしてのXpringの立ち位置だけではなく、開発も手がけることにもより注力する姿勢を示した。

CoinPostの注目記事

リップル社「SWIFTの国際送金サービスでは10兆ドルの流動性問題が解決しない」|Sibos2019にて
リップル社ディレクターが大型金融カンファレンス「Sibos2019」にて、既存の国際送金システムSWIFTに対する優位性に誤解が見受けられるとして、およそ10兆米ドルの流動性問題に言及した。
リップル社投資部門、仮想通貨XRPのエコシステム拡大を図る事業戦略を発表
リップル社の投資部門「Xpring」は、XRPの利用普及を図る新たな取り組みを明かした。XRP関連開発ツールの構築などを新たな事業方針として推進する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら