仮想通貨取引所TAOTAO、最大100万円の不正出金補償制度を発表

TAOTAOが最大100万円の補償制度発表
ヤフー子会社が出資するTaoTao社は、運営する仮想通貨取引所において、不正ログインによる顧客損失を最大100万円まで補償する制度を「東京海上日動火災保険」とのタイアップで導入すると発表した。

TAOTAOが最大100万円の補償制度発表

ヤフーの子会社Zコーポレーションが出資するTaoTao株式会社は、運営する仮想通貨取引所「TAOTAO」において、不正ログインによる顧客の損失を最大100万円まで補償する制度を「東京海上日動火災保険」とのタイアップで導入することを発表した。

各国で発生している仮想通貨取引所関連のフィッシング事件など、不正流出被害に対する利用者不安を緩和する目的と思われる。

補償制度ページ:https://taotao-ex.com/compensation/

TAOTAO株式会社は、プレスリリースにて以下のように言及している。

仮想通貨取引を巡ってはここ数年、多額の資金流出を伴う事故がいくつか発生しており、そのいずれもが外部からの不正アクセスにより引き起こされています。

TAOTAOにおいても、顧客に安心・安全な仮想通貨取引を行っていただけるよう、24時間365日のシステム監視、顧客の資産の大半の外部ネットワークから隔離されたコールドウォレットでの管理、マルチシグの導入、二段階認証によるなりすましの防止など、不断の努力を続けてまいりました。

さらにこのたび、万が一の不正ログインが発生した場合に関する補償制度を導入することにより、顧客により安心して仮想通貨取引を行っていただけるよう、環境整備を図りました。

【TaoTao株式会社】 https://taotao-ex.com/

補償制度について

不正ログインによる不正出金にかかる損失を最大100万円まで補償。

2段階認証設定済みのアカウントを対象に、ログインIDやパスワードの盗難での不正ログインによる不正出金によって被る、いわゆる「なりすまし」による損害について、 1回の請求で最大100万円を補償する。

損害保険会社

引受け保険会社:東京海上日動火災保険株式会社

取扱代理店:エーオンジャパン株式会社

補償の適用対象

●出金先銀行口座に日本円で不正に出金されたこと。

●2段階認証の設定をしていること。

●出金先銀行口座情報の変更時および出金先銀行口座に日本円を出金する際に2段階認証を設定していること。

●ログインIDやパスワードの盗難または不正出金の発生した際、直ちに所轄警察署およびTAOTAOに通知していること。

企業情報

●設立日 2017年5月26日

●所在地 東京都港区

●株主 Zコーポレーション株式会社、株式会社シーエムディーラボ

●代表者 荒川 佳一朗(あらかわ けいいちろう)

●事業内容 仮想通貨交換業・仮想通貨に関する情報配信

●仮想通貨交換業者登録番号 関東財務局 第00011号

●一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会 第1種会員


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら