CoinPostで今最も読まれています

Parity社、イーサリアムのサポートよりPolkadotを優先させることを示唆

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Parity社、イーサリアムのサポートよりPolkadot優先か
ブロックチェーン技術を提供するParity社の社員が、イーサリアムへの支援よりPolkadot優先を公然と認める発言をしたことがコミュニティ内で非難を集めている。一方でParity社も正当性を主張した。

イーサリアムのサポートよりPolkadot優先か

Parity社は、Gethと並ぶイーサリアムのブロックチェーン・ノードを提供していることで知られる。

GitHubのParity-Ethereumのスレッド上で、Parity社のエンジニアが次のように発言して、コミュニティから非難された。

 

イーサリアムのクライアントを出来るだけ良いものにしたいのは勿論だ。しかし単純に、コミュニティ内には、その仕事を進んで引き受ける人が(そしてその能力がある人が)少なくなっている。

Parity社内部の人員をparity-ehereumシステムにただ投入することによっては問題を解決できない。善意を示し続けるという以外のインセンティブが、ほとんどないのだ。

Parity社のフラッグシップ・プロジェクトはPolkadotであって、こちらではない。残念ながら「ワープの修正・交換」のような抜本的な変更を行うためのリソースがないのが現状である。

Polkadotは、仮想通貨同士の相互運用性を意図したプラットフォームとして計画されている。

緊急時の問題

Parity社がサポートを低下させてしまうことで考えられるのは、安全装置の問題がある。イーサリアムには現在Parity社とGethの2種類のブロックチェーン・ノードが存在している。

仮にGethだけになったとしても、プラットフォームの活動をスムーズに実行させていくためには充分だ。だが、ソフトウェア障害の場合に、どちらか一方が機能しなくなっても、もう一方が安全装置として働くことは大きい。

実際に、2016年にイーサリアムが上海アタックとして知られるDoS攻撃を受けた時の事例がある。スパム取引によって、Gethで実行されていたノードの速度が極端に遅くなってしまった際に、Parity社経由でノードが起動され、問題が解決した。

Parity社も正当性を主張

コミュニティ内でのParity社への批判が高まっている理由の背景には、1月にイーサリアム財団から500万ドル(約5億3600万円)の助成金がParity社に提供されたこともある。だが、Parity社側も正当性を主張している。

同社の広報部長Peter Mauric氏は一連のツイートで、この助成金はETH2アップグレード内での、Ewasmおよびシャーディングの実装に対するものであり、Parity社の現在のイーサリアム・クライアントに関する作業に対するものではないことを指摘した。

さらにイーサリアムParityブロックチェーン・ノードの長期的なメンテナンスについては、今回の助成金の対象外で、イーサリアム財団から一度も資金提供を受けていないという。

「イーサリアムのクライアント維持は、これまで主に無料の作業に依存してきた。長期的には、コミュニティが開発者や研究者を継続的にサポートするための持続可能なモデルを見つけるのを支援したいと考えている」と、同氏はメンテナンスが、無償の作業に依存している状態についても言及した。

この問題を解決するためには、コミュニティによる財政支援も選択肢の一つだと応じる関係者も見られている。

CoinPostの関連記事

米取引所でイーサリアムがフラッシュクラッシュ、ビットコインは上昇一服|仮想通貨市況
米仮想通貨取引所Poloniexで仮想通貨イーサリアムがフラッシュクラッシュした。IMFは年次会議直前に各国中銀による財政刺激策にも言及しており、BitMEXアーサーの「QE4予言」に再び関心が集まる可能性も。
国際ブロックチェーン技術カンファレンス「NodeTokyo」が10月5日に開催 イーサリアム財団トップも参加
日本で初めて国際規模大規模国際ブロックチェーン技術カンファレンスとして2018年に立ち上がったNodeTokyoが、限定イベントとして10月5日に東京で復活する。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 日曜日
15:00
新NISA特集
老後2000万円問題が話題になる中、仮想通貨業界でも注目を集める新NISAの特集ページをCoinPostが開設。税制優遇や「つみたてNISA」のメリット、SBI証券、楽天証券の特徴を比較した投資口座選びまで、初心者から上級者まで役立つ情報を整理した。
11:30
ビットコイン高騰も、値幅調整の可能性には警戒を|bitbankアナリスト寄稿
650万円まで回復するもやや軟化傾向で推移する今週のビットコインチャートを図解。国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|24年BTC125,000ドル到達予測に高い関心
今週は、Matrixport Researchの仮想通貨ビットコインの価格予想、米国におけるビットコイン現物ETFの動向、ビットコインの時価総額の上昇が最も関心を集めた。
12/09 土曜日
20:56
株式投資の「つみたてNISA」、今すぐ始めた方が良い理由
つみたてNISA(つみたて投資枠)は長期投資に向いており、多くの投資家にとって利用しやすい制度です。この記事では、つみたてNISAの概要や長期投資に向いている理由、具体的な投資戦略を解説しました。
20:47
年間投資枠3倍に、新NISAの「5大メリット」を解説
NISAとは少額投資にも適した非課税制度です。若い世代を中心に多くの層が利用しています。2024年から開始する新NISAとの違いや具体的なメリット、つみたて投資枠などを解説します。
16:20
2024年仮想通貨市場予測、アルトコインへのシフトや企業のトークン保有増
VanEck社が発表した2024年の仮想通貨市場予測を詳細に分析。ビットコイン半減期の影響、イーサリアムの市場ポジション、企業の暗号資産保有増加など、15の重要なトレンドを探求。仮想通貨業界の次の発展段階を見据えた包括的なレポート。
13:30
フリービットの格安スマホ、TONE Coin報酬と株主専用NFTでWeb3事業拡大
フリービット株式会社が格安スマホ市場に新たな一手。Web3の世界への進出と共に、「TONE Coin」報酬システムを導入し、株主に特別なNFTを提供。スマートフォンユーザーの参加を促し、非中央集権化ブロックチェーンコミュニティの拡大を目指す。
12:30
米国議会、国防権限法で仮想通貨関連条項を不採用
米国議会は2024会計年度国防予算の枠組みを決める国防権限法を発表。ビットコインなど仮想通貨やブロックチェーンに関する条項は採用されなかった。
11:20
コインベース、L2仮想通貨銘柄などの先物を提供へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは、Optimism(OP)、Arbitrum(ARB)、Ethereum Classic(ETC)のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。
10:25
大手銀BBVAスイス支社、リップル社傘下のMetacoと提携
欧州の大手銀BBVAのスイス部門は、仮想通貨のカストディで米リップル社傘下のメタコと提携すると発表した。現実資産トークン化も念頭に置いている。
09:10
堅調な米雇用統計で早期利下げ観測やや後退 ビットコイン反発で仮想通貨関連株大幅高
仮想通貨ビットコインはフィデリティのSEC面談のニュースなどを受けて再び44,000台に復帰。ソラナは「JTO」エアドロップの実施や、NFTでイーサリアムNFTの出来高を超えたことに連動し大幅に上昇し再び年初来高値を更新した。
08:15
ソラナNFT、初めてイーサリアムNFTの出来高超えて1位のチェーンに
ソラナ・ブロックチェーン基盤のNFTの出来高は24時間ベースで、初めてイーサリアム・ブロックチェーンのNFTの出来高を超えた。
07:25
フィデリティもビットコインETFの上場申請でSECと技術的会議 BTC価格上昇
米SECは仮想通貨現物型ビットコインETFの上場申請について、今週7日に申請側のフィデリティと会議を行ったことが判明した。
07:05
Starknet、独自仮想通貨STRKの配分計画を一部発表
仮想通貨イーサリアムのL2「Starknet」を推進するStarknet財団は、STRKトークンの配分計画を一部発表。ユーザーへの割当についても説明している。
12/08 金曜日
18:39
ビットコインETFへの資金流入予測、金ETF事例や経済環境から算出
ビットコイン現物ETFが承認された場合の資金流入見込みに関してVanEck社が予測レポートを出した。米経済の景気後退予測や金ETFの事例、過去の金融経済動向を基に、暗号資産(仮想通貨)市場の新たな潮流を探る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧