英コインベース、XRP・XLMなどアルトコイン5銘柄に対応 規制基準の明確化が理由か

英コインベース 5銘柄アルトコイン対応に
Coinbase UKは、XRP・XLM・BAT・ZRX・REPの対応を開始、取引・売買・入出金が可能に。有価証券関連など、規制基準がクリアになったことが理由になった可能性もある。
           

英コインベース 5銘柄アルトコイン対応に

仮想通貨取引所コインベースのイギリス支部「Coinbase UK」は、XRP・XLM・BAT・ZRX・REPの対応を開始した。取引・売買・入出金も可能になった。

米国本部のCoinbaseが以前これらの通貨上場を発表した際、イギリス版の取引所では「不対応」の対応を行なっており、規制当局との協議で認可、または規制面での取り扱い事項がクリアになった可能性も考えられる。

イギリスでは金融規制当局FCAは先日、仮想通貨の特性に応じて、交換トークン・ユーティリティトークン・セキュリティトークンとの分類方式を発表し、XRPなどの通貨が有価証券に該当しないと明確にしている。

関連「リップル(XRP)は有価証券に該当せず」リップル社責任者が英FCAガイダンスを引用

なお、Coinbase UKは8月、大手銀Barclaysとの契約解消で一時的に顧客がGBPを利用した入出金ができない自体に陥っていたが、新たなGBP決済サービスを導入・移転し、クレジットカードやデビットカードを通じた入出金が再び可能になったと伝えている。

参考:Coinbase UK

CoinPostの注目記事

仮想通貨の有価証券性を数値化 米コインベースら、BTC・ETH・XRP含む20銘柄対象のシステムを開発
コインベースなどの大手仮想通貨関連企業は、銘柄の有価証券性を評価する独立のシステムを発表。取引所上場を検討する判断をサポートする。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/07更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら