ベネズエラで仮想通貨デビットカードが誕生 自国「ペトロ」やBTCに対応

ベネズエラに仮想通貨デビットカードが誕生
ベネズエラの仮想通貨企業は初めて同国で利用できる仮想通貨デビットカードと店舗決済システムを導入した。高インフレ経済の中、同国は仮想通貨に新たな経済政策を見出そうとしている。

ベネズエラに仮想通貨デビットカードが誕生

ベネズエラの仮想通貨企業は、ベネズエラ国内で利用できる仮想通貨デビットカードと店舗決済システムを導入した。仮想通貨デビットカードが誕生したのは国内で初めての事例で、ベネズエラ政府が発行する仮想通貨「ペトロ」のほか、BTC・ETH・DASHにも対応する。

このデビットカードは法定通貨との併用はできず、ベネズエラの法定通貨ボリバルの入出金には対応していない。

サービスの対応を開始した同国のクリプト銀行「Glufco」は、このデビットカードを「仮想通貨送金端末」と称し、今後より多くの仮想通貨銘柄にも対応するとしている。

ベネズエラのMaduro大統領は、国民に向けた仮想通貨の決済を間も無く開始する旨を公言した。目的は、これまで米国などの制裁で制限されている国際送金を可能にすることや通貨インフレを抑制することと指摘されている。

また、ベネズエラ中央銀行がBTCとETHを外貨準備に取り入れる計画をしていると報じらるなど、通貨インフレに陥るベネズエラ政府は、仮想通貨に新たな経済政策を見出そうとしている。

参考:CriptoLAGO

CoinPostの注目記事

ベネズエラ中央銀行、外貨準備高に仮想通貨の追加を検討
ベネズエラの中央銀行が、外貨準備高に仮想通貨を加えることが可能か判断するために、内々にテストを実施。候補にはビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)があがっている。
南米ベネズエラ、国内初の仮想通貨ATMを設置|BTC・BCH・DASHに対応
ビットコイン需要高まる南米ベネズエラに、同国初の仮想通貨ATMが設置されたことが分かった。取り扱う仮想通貨は、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ダッシュ(DASH)の3銘柄だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら