米コインベースカストディ MakerDAOのネイティブ通貨「Maker」のステーキングサービスを開始

Makerのカストディ・ステーキングサービス開始
米コインベースカストディはMakerDAOのネイティブ通貨「Maker」のステーキングサービスを開始。仮想通貨Tezos(XTZ)に続く2例目だ。

MKRのカストディ・ステーキングサービス開始

米再大手仮想通貨取引所コインベースのカストディ企業「コインベースカストディ」は10月12日、MakerDAOプロジェクトのネイティブ通貨であるMaker(MKR)のカストディ・ステーキングサービスを開始した。機関投資家や大口投資家に向けたものだ。

本サービスで、ユーザーがMKRをコインベースカストディのアカウントに預けることにより、間接的にMakerのネットワークのガバナンスに参加できる。資産を預かるコインベースカストディがMKRのネットワーク上でブロックの生成を担当し、それによってユーザーも報酬を受け取れる仕組みになっている。コインベースカストディは、今年4月にTezos(XTZ)のステーキングサービスを開始。

関連コインベースがPoSに対応するカストディサービスを提供へ

コインベースカストディはインターネットに接続していないオフラインのストレージに資産を預けたまま、その仮想通貨のネットワークのガバナンスに参加できるサービスを拡大中だ。来月15日には MakerDAO本体でMKR所有者による投票が開始されるが、今回のサービスはそれに先立って開始した。

今まで仮想通貨の管理者がブロックチェーンネットワークのガバナンスに参加する場合は、第三者のカストディアンから資金を引き出す必要があった。これでは資産を移動するリスクがあるため、ユーザーがガバナンスへの参加を諦めてしまう。本日12日に開始したサービスについてコインベースは、「オフラインのストレージに資産を保有した状態で、安心してガバナンスに参加できる業界初のサービスを利用できる」と説明している。

なお、Tezosのステーキングサービスについて、仮想通貨メディア「The Block」が7月に出した試算では、コインベースカストディは2カ月間で7580ドルから8324ドル(約82万円から約90万円)相当の報酬をもたらした。コインベース以外でも、最大手取引所バイナンスが複数銘柄のステーキングサービスを個人投資家に提供している。今後、ステーキングへの需要も増えていくと見られる。

関連バイナンス版XRPを預けて利子を得る 「XRP-BF2」のステーキングサービス提供へ

参考資料:Coinbase

CoinPostの注目記事

仮想通貨を預けて金利得る 米カストディ大手BitGoもステーキングサービス参入 DASH・ALGOに対応
米大手仮想通貨カストディ企業BitGoは「ステーキング」サービスを開始すると発表した。CoinbaseやBinanceに続く大手業者がステーキング分野に参入。
バイナンス、仮想通貨保有で資産を増やす「ステーキングサービス」を立ち上げへ
バイナンスがステーキング・プラットフォームの立ち上げを予定していることが分かった。現在サポートが決定している仮想通貨は8通貨となっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら