CoinPostで今最も読まれています

XRP(リップル)の時価総額がBTCの2分の1を超える/史上初の1位交代か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップルの時価総額がビットコインの2分の1を突破
今まで圧倒的な地位を確立していたビットコインの順位が脅かされはじめています。
時価総額と価格についての誤解
リップルやネムの価格が他通貨に比べて低いためお買い得、と誤解している投資経験が少ない方向けに、仮想通貨の価格と時価総額について解説します。

仮想通貨市場の中で、BTCを抜き時価総額1位の世代交代という初の快挙が現実味を帯びてきています。

XRP高騰の価格推移

  • 2017年12月4日 :約29円
  • 2017年12月13日:50円を突破
  • 2017年12月21日:100円を突破
  • 2018年1月1日〜3日:約230円前後を推移
  • 2018年1月4日:約260円から約400円まで約55%の高騰

時価総額の推移

  • 2017年1月1日:USD:$237,638,345 JPY: 約260億円 ¥26,615,494,640
  • 2017年12月4日:USD:$9,850,343,117 JPY: 約1兆1103億円 ¥1,103,238,429,104
  • 2108年1月4日:USD:$148,425,546,958 JPY: 約16兆6236億円 ¥16,623,661,259,295

(参考レート: USD/JPYも1年価格推移していますが、同一レート1USD=112円で計算)

この時価総額の推移を見ると多くの人が驚くでしょう。

価格で見ると12月4日から1月4日で約29円から400円の高騰となっていて、人によっては大きな上昇に思えないかもしれませんが、時価総額では約15兆円も1ヶ月で増加していることになります。

XRPの時価総額がBTCの半分を超える

XRP価格高騰による時価総額の上昇を受け、BTCの2分の1を超えました

仮想通貨の元祖であるビットコインは時価総額1位を今まで一度も譲り渡していない通貨となります。

この時価総額表は約1年前、2017年1月1日のものですが、2位のイーサリアムにかなり大きな差をつけ1位に君臨していることがわかります。

このように今までビットコインは、他のアルトコインを一切引きつけない圧倒的な地位を確立している仮想通貨でした。

よって、今回のXRP時価総額がBTCの2分の1にまで上昇していることが、如何に快挙かということがわかるでしょう。

BTCからXRPへ世代交代は行われるか?

仮想通貨投資者が歴史的快挙を見る可能性が現実的なものとなりつつあり、この世代交代により仮想通貨市場の環境が一変するかもしれません。

XRPはBTCと同じ時価総額になっても価格は○○百万円にはならない

仮想通貨の価格が上昇していることで、多くのメディアが報道し、多くの新規投資家が毎日増え続けている現状があります。

このような状況の中、仮想通貨やトークンの価格を正しく認識せずに投資している人も多くいると思います。

リップルやネムなどが、まだ数百円でビットコインの何百万円の価格より圧倒的に安く見えるため、他に比べて価格が安いと記載されている記事や、「まだ価格は安いから私(業者)が購入代行して投資してあげるよ」というような誤情報でお金を得ようとする業者がいたと相談されたことがありました。

これは周知の事実であると思いますが、投資経験が少ないユーザーが間違った情報で詐欺に遭わないためにも一度こちらで簡単に解説します。

時価総額とは?

時価総額とは英語でMarket capと記載します。

時価総額はその仮想通貨の規模を示しており、その値が大きければ大きいほど市場規模が大きいという意味となります。

時価総額の計算式は以下の通りです。

  • 時価総額=トークン価格×発行済みトークン数(供給量)
  • トークンA 1万円 × 10トークン= 時価総額10万円
  • トークンB 10円 × 1万トークン=時価総額10万円

つまり、トークンAが価格の高いビットコインに該当し、トークンBが1トークンあたりの価格が安いリップルと考えると分かりやすいと思います。

リップルはビットコインに比べてかなり多くのトークンが発行されており、市場で取引されているため、リップルの時価総額がBTCと同水準まで上昇したとしても、ビットコインの価格と同じにはなりません。

逆に言えば、リップルやネムのような日本円建でみた時に安い価格で取引されている通貨でも、実際の価値はかなり高いということになります。

トークンの価値を他の通貨と比較して判断する場合、日本円建での価格ではなく時価総額を基準にした判断が、より正確な投資に結びつくといえるでしょう。

リップルニュース一覧
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧