「BTCを拡張するよりもアルトコインを作る方が魅力的」ビットコイン重鎮が語る

BTCよりもアルトか

ビットコインの重鎮と呼ばれる技術者Adam Back氏は直近のカンファレンスで、アルトコインを発行する経済的インセンティブがビットコインのスケーリングよりも魅力的だと語った。米フォーブス誌が報じた。

ビットコインのサイドチェーンの開発・普及の進捗が次々と出現するアルトコインに遅れている現状について、Back氏は依然としてBTCサイドチェーンの方がいずれアルトコインを超えられると見ている。

「アルトコインの歴史には、実機能のないものが存在していた。そしてマーケティングをするために、様々な機能が加え付けられていた。一部は本物の機能だが、他はただの空っぽだ。」と、アルトコインの真価に対して疑問を示した。

ビットコインのサイドチェーンはアルトコインの有用性をBTCにもたらせるが、低い経済的インセンティブはその発展を阻害していると指摘。

一方、現時点ではアルトコインを作り発行したほうが、より利益を生み出せると認めながらも、サイドチェーンを今よりも改善していけば、アルトコインを発行する必要性がなくなり得ると、見解を説明した。

Back氏はBTC最大のサイドチェーンプロジェクト「Liquid」をローンチした企業「Blockstream」のCEOを務めている。同社は、Liquidネットワークが対応する様々な仮想通貨アセットを簡単に「スワップ」できる機能もリリースした。

参考:Forbes

CoinPostの注目記事

米グレースケール、機関投資家のアルトコイン投資増し Q2投資額が2倍に 
米グレースケール社は、Q2に総額約8500万ドルを調達し、そのうち84%を機関投資家から調達した。同社役員は、機関投資家が参入していないのは「作り話」に過ぎないと指摘。
スイス証券取引所の仮想通貨ETPが過疎状態、各銘柄需要も浮き彫りに
仮想通貨ベンチマークCoin360は、スイスSixExchangeに上場する仮想通貨ETP商品のUSD建て出来高を公開した。過去3ヵ月における日平均出来高から、銘柄ごとの需要も浮き彫りに。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら