「仮想通貨市場に新たな強気相場は来る」Bitmainジハン氏が業界の周期性を指摘

仮想通貨市場の今後

中国のマイニング大手ビットメインの共同設立者Jihan Wu氏が、仮想通貨市場に対して楽観的な見方を示した。市場の周期性を指摘、中期的な価格の上昇フェーズは強気にあるという。

現在のビットコイン市場は、2018年末にマイナーの崩壊と共に下落した水準に迫っており、マイナーの市況感には注目が集まっている。大手マイナーのBitmain関連の発言となれば、尚更だ。

Wu氏は「hurun中国富豪ランキング2019」で214位にランクインした仮想通貨業界の大物。インタビューで、仮想通貨市場の状況や半減期について意見を述べた。

関連中国富豪ランキングに仮想通貨業界の大物が12人

仮想通貨の中でビットコイン市場について語ったWu氏は、市場の動向は周期的に変化すると説明。「弱気相場の年があれば、その後2年か3年強気相場が続くこともある。個人投資家や機関投資家の参入がまだ増加すると予想しているため、心配はしていない」と語った。

また半減期については、必ずしも価格上昇に繋がるとは限らないと改めて説明。「過去の事実を見ると、確かに半減期で価格の上昇は見られた。でも、それが本当に半減期が要因なのか、単なる偶然なのかは明確ではない。だから実際に半減期が迫ってこないと、価格が上昇するかも分からない」と語った。

通貨の供給量が減少する半減期では、理論上通貨の希少性が高まる。これは、市場の受給関係に大きく依存し、需要が一定数保たれたと仮定した場合の話であるため、供給量以上に市場心理が悪化していた場合はその限りではない。

しかし、主要銘柄であるビットコインやライトコインを含め、半減期前にが大きな価格上昇が伴う市場推移を観測しており、ファンダメンタルズ要因としては、最も期待感が高い材料に相当する。

ビットコイン(BTC)は次回の半減期を2020年5月に控えており、市場が織り込むとすれば、半年前あたりから意識されるのではないかとする見方がある。

半減期の市場相関性に一定の疑問符の投げかけたWu氏であるが、半減期を考慮しなくても、2年か3年後には強気相場が来ると思っていると語り、中期的な市場規模の拡大にはかなり前向きな見解を示している。

関連次回BTC半減期は価格上昇に繋がらない可能性

CoinPostの関連記事

ビットコインの発行量が1800万BTCに 仮想通貨市場を占う半減期は約200日後
ビットコインの発行済みBTC量がまもなく1800万BTCに達する。最終的な総発行料にあたる2100万BTCまで残り300万BTCで、残り15%ほどを残りの期間をかけて採掘する。
ビットコイン(BTC) 底割れ暴落、「量子超越」が取り沙汰される背景は?|仮想通貨市況
再び暴落したビットコイン(BTC)と仮想通貨市場。Googleの発表した「量子超越」に関する論争の影響も取り沙汰される中、今回の下落要因とBTC先物出来高の推移を探る。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら