Bitfinexが約8.5億ドル預けた金融企業社長が起訴、凍結資産が返金される可能性も

Crypro Capital社長が起訴
Crypto Capitalの社長が、3つの罪で米国ニューヨーク州南部連邦地方裁判所により起訴されていたことが明らかに。仮想通貨取引所Bitfinexは一連の騒動の被害者であると主張していた。

Crypro Capital社長が起訴

テザー準備金を預けるなどBitfinexとの関係のある企業Crypto Capital社の社長が銀行詐欺など3つの罪で米国ニューヨーク州南部連邦地方裁判所により起訴されていたことが判明した。

仮想通貨取引所Bitfinexは、約8.5億ドルのテザー準備金を同金融サービス企業(Crypto Capital)に預け入れており、これら一連の騒動を受け、自身も被害者であるとの声明を発表している。

声明では、Crypto Capitalの社長Molina Lee氏がポーランド警察に逮捕されたことへの反論文として、「以前よりCrypto CapitalはBitfinexの資産を取り扱い、資産送金も行なっていたが、Bitfinexに対して虚偽の情報を提示していた」とコメント。Bitfinexは、一切のマネーロンダリング等には関与していないとの見解を示した。

法廷文書によると、Yosef被告は現在、銀行詐欺・銀行詐欺の共謀・無許可(資金移動業のライセンスを取得せず)で事業運営を行った疑いの三つの罪で起訴されているという。

この犯罪捜査では、米捜査当局を含む複数の海外機関も調査チームに参画。凍結されたCrypto Capitalの資産の一部、Bitfinexの8.5億ドル(約900億円)の関係で、捜査当局の捜査はBitfinexおよびその子会社のテザー社にまで及んでいるという。

今回、Yosef被告が起訴されたことで、凍結されていた資産、8.5億ドルの一部はBitfinexへ返金される可能性も浮上している。

CoinPostの関連記事

米地裁、仮想通貨取引所に送金サービスを提供し2人を逮捕|声明文がテザー問題との繋がりを示唆
ニューヨーク南部検事は、米アリゾナ州の男性とイスラエル人女性を、仮想通貨通貨取引所へシャドーバンキングサービスを提供したとして起訴した。テザー問題でも言及された関連企業が調査対象となっており、テザー社と関わりがあると見られている。
仮想通貨取引所Bitfinexが被害者と主張 金融企業社長の逮捕で声明
Bitfinex社は日本時間26日の公式ブログで、昨日報じられたCrypto Capitalの社長逮捕に対し、自分たちも「被害者」であると声明した。同社はBitfinexと金銭的関係を持つと懸念される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら