CoinPostで今最も読まれています

リップル社は3つの大送金企業が2018年度XRPを使用する見通しを公言

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

XRP利用に大きな一歩
リップル社はTwitterで、今年世界規模の5大送金企業のうち3つの企業が、リップルのXRPトークンを会社の支払いシステムで使用することを明らかにしました。
Ripple=XRPの誤解
リップル(XRPやリップル社の技術を合わせたすべて)の話題が日常的に流れる度に、新規投資家の『Ripple=XRP』という誤認識が、多くの懸念に繋がっています

リップル社はTwitterで、今年世界規模の5大送金企業のうち3つの企業が、リップルのXRPトークンを会社の支払いシステムで使用することを明らかにしました

詳しいパートナー企業は明かされないツイートですが、反響はとても大きく、大きな話題となりました。

反響が大きかった理由としてXRPトークンが実際に利用されると明言されていたことが言えるでしょう。

またこの当時XRPの価格は最高値を更新し、イーサリアムを抜かして2位に君臨しています。

新規投資家がリップル社技術に対する誤認識をしていると懸念されていた

毎週提携などのニュースが続き、このXRPが正式に利用されることが明言されたことでの、反響の大きさに疑問を持つ新規投資家も多くいることと思います。

リップル社は100以上の金融機関を獲得したことや、内外為替一元化コンソーシアムのRippleNet利用など、現在金融機関のブロックチェーン採用の最前線に立っている企業と言っても過言ではありません。

しかしブロックチェーンや仮想通貨メディアだけでなく日刊紙などでリップル(XRPやリップル社の技術を合わせたすべて)の話題が日常的に流れる度に、新規投資家が『Ripple=XRP』という誤認識をしているのでは、と懸念されてもいます

現在多くの金融機関でメインで利用発表されているのは、リップル社が提供するブロックチェーンソリューションの中の1つ『xCurrent』です。

『xCurrent』の他にもリップル社が提供するプロダクトのラインナップには『xRapid』や『xVia』があり、仮想通貨XRPが利用されるのは『xRapid』となります。

もちろんこの『xCurrent』という素晴らしいプロダクトの採用が進むことが、XRPに良い影響を与えるのは間違いはありません。

これについてRipple社チーフ暗号作成者David Schwartz氏も以前から以下のように明言しています。

『国際送金をリップル社のソリューションで提供しつつ、安価なXRP利用の送金システムも選択肢として柔軟に対応できる』

これらの複数の送金ソリューションが一つの選択肢となり、金融機関が利用できるプラットフォームの提供へと繋がるのでしょう。

銀行がリップルプラットフォームのみを採用、XRPを利用しなかったら価格はどうなるか?
銀行によってXRPが直接的に使われなかったとしても、支払いをする企業にとって、XRPは活動をより低コストで迅速にするための非常に魅力的な通貨です。今後銀行にどのような形で取り入れられても需要は上がっていき、結果価値も上昇していくのではないかと考えています。

しかしこのような技術採用ニュースの誤認識は、正しい投資理由へと繋がらない恐れもあり、より厳格な内容を伝える事が必要になってきています。

内外為替一元化コンソーシアムを主導する SBI Ripple Asia CEO 沖田 貴史氏に、CoinPost編集部も直接お話させていただく機会がありました。

その時、『多くの人に正しいリップル社の提供プロダクトを把握してもらうためにも、メディアでの表記について』を強く語られている印象を受けました。

また沖田氏は最近このようなツイートも行なっています。

XRP利用に関する明言の重要さ

このようにリップル社に関するニュースが多くある中で、今まで数が少なかったXRPという通貨自体に関する報道の増える兆しが見えてきています。

リップル最高経営責任者 Brad Garlinghouse氏(以下、ガーリングハウス氏)は、ニューヨーク・タイムズ紙の記事で、 XRPの使用についての疑問を投げかけられ、仮想通貨を分析した銀行や決済業者からのコメントを述べました。

Twitterでも、ガーリングハウス氏は、このように述べています。

『過去数カ月において、私は銀行や決済業者と話をしてきました。彼らは、確かにxRapid(リップルのXRP流動製品)を使用することを本格的に視野にいれています』  

2018年、仮想通貨市場だけでなく、XRPを始めとしたリップル社の躍進がより日常的な報道で目立つこととなるかもしれません。

その報道を正確に捉えるためにも、Ripple社の技術とXRPについてを正しく認識することで、より根拠立てた投資に繋がるのではないでしょうか。

2018年もCoinPostはRipple社が目指すブロックチェーン革命の軌跡を追っていきたいと思います。

リップルニュース一覧
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア