CoinPostで今最も読まれています

2億人のユーザーを持つチャットアプリ"Telegram"が巨大ICO実施へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

市場最大規模のICOを行うことがわかった
Telegram独自のブロックチェーンと仮想通貨プラットフォームを作るために行われることが分かりました。
Telegram独自の次世代ブロックチェーンを利用
プラットフォーム(TON)上の仮想通貨である”GRAM”が発行されます。

Telegramとは?

Telegramとは”LINE“や”Messenger“などのチャットアプリの1つで、現在2億人を超えるユーザーに利用されています。

セキュリティーと速度に重点を置いたアプリでマルチデバイスで使用することが可能で、一定期間アクセスがない場合チャットログなどの履歴が削除される機能や、シークレットチャットなどの機能が搭載されています。

他アプリと違い広告が一切出なく、無料で使用出来るのも魅力の1つになっています。

Telegramの巨大ICO案件

仮想通貨史上最大のICOが実施されることがわかった、来年3月までに数千億円調達し次世代ブロックチェーン立ち上げすることが分かりました。

このプラットフォームは”テレグラム・オープンネットワーク(TON)“と呼ばれる予定で、TON上の仮想通貨の”グラム(GRAM)“を発行します。

TONはBitcoin,Ethereumが基盤を作った後、優れた機能を備えた新しい”第3世代ブロックチェーン“となると言われています。

プレICOでは5億ドル(約565億円)分のGRAMを大口投資家向けに発行した後、今年3月までに一般向けICOで調達することを検討していると考えられています。

そのトークンの評価額は3000~5500億円と見積もりを立てられており、トークン発行量の52%はTelegram側で価格安定のために保有されます。

この額はこれまでのICO案件の中で最大規模のICOになると予想されており、かなり注目する案件になるでしょう。

2017年ICO調達額ランキング
中国と韓国政府は投資家を保護する目的やテロリスト、マネーロンダリングなどの資金流入を防ぐため、ICO禁止となりましたが一方で、依然と...

Telegramの目指すもの

Telegramの2億人のユーザーを基盤として新しい暗号化ブロックチェーンを立ち上げることで、アプリ内での送金や決済だけではなく、分散型アプリやブラウザも実装していく目標をアナウンスしています。

TONのブロックチェーンはProof of Stakes(POS)を基盤とし、メインチェーンに加え複数のチェーンを実装する予定です。現在イーサリアム上での採用が進められている1秒に100万取引を処理することができる「シャーディング」機能も搭載すると言われています。

メッセージアプリTelegramでBTC、ETH、LTC、XRPの送受信が可能に?

またTelegramはBTC,ETH,XRPを利用した仮想通貨の取引や送金の導入も検討しています。

ある新たなブロックチェーンプラットフォームがTelegram(人気メッセージアプリ)とCoinbaseを連結させた相互運用プラットフォームを作り、仮想決済の過程を劇的に能率化することを考えています。

このTransCryptプラットフォームは現在開発中であり、仮想通貨の取引や決算の過程をできるだけ快適化するため、利用者の視点に立った使いやすいプラットフォームを作ろうと考えています。

そのTransCryptシステムは様々な種類の仮想通貨に対応し、メッセージと同様にお金や資産を送受信可能にします

TransCryptとは?

TransCryptはユーザー視点のユニバーサル決済(国際決算)プラットフォームであり、使いやすさに焦点を置いています。

TransCryptシステムは核となるブロックチェーンプラットフォームを中心に作られ、このような国際決済が行うことができ、国内での法定通貨(日本円など)の送受信を可能にします。

他には、簡単で早い法定通貨と仮想通貨両替やキャッシュカードによる資金の直接引き出しも可能になります。

このシステムの機能性は全てTelegramと直接統合される予定です。

TransCryptはハイレベルなセキュリティを保証するため、三段階認証(3FA)にMRPorto encryption protocolを組み込みました。

また、TransCryptはCoinbaseが提供する法定通貨取引を利用するためにCoinbaseとの提携も行うことも予定しています。

メッセージアプリTelegramでBTC、ETH、LTC、XRPの送受信が可能に?
TelegramとCoinbaseを統合させた新たなブロックチェーンプラットフォームが開発中です。メッセージアプリで、今までのようなアドレスの入力なしに仮想通貨を送受信できる未来の仮想通貨決済システムが誕生するかもしれません。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア