ふるさと納税でビットコインが貰える bitFlyerがキャンペーン実施

ふるさと納税でビットコイン付与キャンペーン

ふるさと納税をして、ビットコインが貰えるキャンペーンが実施される。bitFlyerが、納めた額に応じて一定割合のビットコインがもらえるキャンペーンを開始する。

年末を目前に控え、「ふるさと納税」が注目される時期に日本の仮想通貨業界としても注目のキャンペーンだ。

ふるさと納税とは、自分が支援したい自治体に直接納税できる制度で、自治体によっては名産品などの返礼がもらえることでも有名だ。

確定申告などを行なっていれば、翌年納めた金額から2000円を差し引いた額が還付されるため、実質2000円で各地の名産品が購入できる仕組みとなっている。(還付をうけるための条件や上限額が収入や家族構成によって定まっているので注意が必要)

今回のビットコインがもらえるキャンペーンは、bitFlyerのサイト経由で各種ふるさと納税サイトにアクセスし、もらいたい返礼品を選んでふるさと納税を行うことで返礼品の価格の0.6〜1.2%相当のビットコインがもらえる仕組みとなっている。2019年末が期限となる。

また、この発表に関してコメントを行なった株式会社ZOZO執行役員の田端信太朗氏は、自身のツイッターでビットコインはどこの名産品か、とするコメントを行い話題をよんでいる。

CoinPostの関連記事

Tポイントでビットコイン購入 仮想通貨取引所bitFlyerがサービス開始へ=日経新聞
国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが、Tポイントで仮想通貨ビットコイン(BTC)を購入できるサービスを8月20日から開始。気軽に仮想通貨が購入できる環境を作り、若者を中心とした新規ユーザーの取り込みを狙う。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら