大物歌手ジャスティン・ビーバー、自身のインスタ上で仮想通貨XRP(リップル)を掲載

ジャスティン・ビーバーがリップルを紹介
1億フォロワーを抱えるジャスティン・ビーバーが、自身のInstagram上でXRPに関するストーリーを投稿した。米大物音楽プロデューサーである同氏のマネージャーはXRP支持者として知られている。

ジャスティン・ビーバーがリップルを紹介

有名シンガーソングライターのJustin Bieber氏が、自身のInstagram上で、リップル(XRP)に関するストーリーを投稿していたことが分かった。

そのストーリー内では、Bieber氏が世界中を駆け巡り、その後、リップル(XRP)のチャート上を走る様子が映し出されている。

一部からは、これはリップルのプラットフォームがインフラとして世界中で利用されるシーンを示唆したものであるとの見解も見受けられる。その真偽は定かではないが、世界で最も知名度の高いシンガーの一人であるJustin Bieber氏が今回リップルを紹介したことについては様々な憶測が飛び交っており、仮想通貨およびXRPの認知度向上に繋がる可能性はある。

身近にいるXRP支持者

2018年9月には、米大物音楽プロデューサーであり、ジャスティンやアリアナ・グランデなどのマネージャーを務めたキャリアを持つスクーター・ブラウン(Scooter Braun)氏が、「XRPが標準となる」などと言及して反響を呼んだ経緯もある。

今年2月にはリップル社の投資部門である「Xpring」を活用した、音楽業界へ焦点を当て投資を行う「Raised in Space Enterprises」を設立した。

Scooter Brownのwikipediaによれば、ジャスティン・ビーバーが弱冠12歳の時に YouTubeでNe-Yoの歌を披露していたのを視聴したことがきっかけで出会いを果たし、類稀なる音楽の才能を見出してプロデュースするに至ったという。

マネージャーとリップル社との関係

Scooter Braun氏によって運営される「SB Projects」は、米Ripple社のプロジェクト「Xpring(スプリング)」のサポートを受けている。SB Projectsは、アーティストのマネタイズ、コンテンツ管理の改善を目的としたプロジェクトだ。

Xpringは、XRPレジャーやデジタル通貨である「XRP」を使用し、実績のある起業家が率いる企業やプロジェクトに対し、出資、発展支援、買収、補助金を提供することで、XRPやXRPレジャーのさらなる普及を目指している。

今回のジャスティン・ビーバーの動きとの関連性は不明だが、少なからずScooter Brownに影響を受けている可能性は考えられる。

CoinPostの関連記事

「中央銀行は5年以内にデジタル通貨を導入する」IBMなどが調査結果を公表
大手テック系企業IBMとOMFIFが研究資料を公表し、5年以内に中央銀行がデジタル通貨を導入するだろうとの予測を示した。
仮想通貨リブラを排除へ EU5ヶ国が連携=現地メディア報道
フランスやドイツなど欧州連合内の5か国が、リブラの排除に向け連携することが決定した。各国財務相の声明を12月にも公開する予定だという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら