バイナンスが韓国で現地法人を設立、韓国進出へ本腰か

バイナンスが韓国で現地法人を設立
仮想通貨取引所バイナンスが韓国に現地法人を設立。以前から同社のCEOが進出を示唆しており、同国での事業展開の可能性が高まっている。

バイナンスが韓国で現地法人を設立

仮想通貨取引所バイナンスが韓国に進出する可能性が浮上した。同社が、韓国の現地当局に「Binance Co.Ltd」と現地法人を設立していたことから判明。当局へ提出された文書では、バイナンスのCFOであるWei Zhou氏が新会社の共同代表を務めると記述されている。CoinDesk Koreaが報じた

バイナンスが韓国へ進出することは以前から噂されていたもので、バイナンスのCEOを務めるCZ氏は韓国へのサービス展開を示唆していた。

当時、同氏は以下のように語っている。

ローカルパートナーと共に設立に向け取り組んでいるが、韓国への支社の設立に関しての詳細は分かっていない。

また、CZ氏は今年の6月頃に韓国の法定通貨ウォンとペッグされたステーブルコインの発行を示唆している。また、韓国にてコンプライアンス部門の求人も同時に募集を行っていた。

ただ今回バイナンスが現地当局へ会社登記していたことが確認されたものの、韓国に取引所を実際に開設するか否かは未だ不明瞭なままであり、今後の動向には引き続き注視する必要があるだろう。

CoinPostの関連記事

フランス、高校学習指導要領に仮想通貨・ビットコインを追加 伝統金融把握の一環で
フランスの高等教育のカリキュラムにビットコイン・仮想通貨についての学習の追加が提案された。仮想通貨や金融システムの理解向上がその目的という。
サムスン、ブロックチェーンウォレットに仮想通貨Elrond(ERD)を追加
サムスン社はElrond(ERD)トークンを自社のブロックチェーンウォレットに組み入れる。これによってサムスン社はユーザーの利便性の向上、Elrondはサムスン社の顧客にアクセスできるようになる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら