カナダのメガバンク、仮想通貨取引プラットフォームを検討か

RBC銀 仮想通貨取引プラットフォーム

カナダの最大手銀行RBC(Royal Bank of Canada)が、仮想通貨プラットフォームのオープンを検討していることがわかった。

同社はカナダ国内に1,400以上の支店を持ち、世界34カ国以上で7万人以上の従業員を持つメガバンクで、9700億ドルの資産を管理する世界有数の金融グループの一つだ。ブロックチェーン関連ではリップル社との提携を行なっている。

現地メディアLogicの報道によると、RBCはカナダと米国において、仮想通貨を業務に組み込む方法に関する特許を申請している。

1つ目の特許では、個人ユーザーと秘密鍵に関する安全性について説明。顧客に仮想通貨口座を提供できる仕組みも記載された。これまで、RBCがブロックチェーンや仮想通貨に関わる特許は計27件に上るが、取引業務に関するものは初めて。

RBCの代表者Jean Francois Thibault氏はLogicに対して、「同行は、他の銀行のようにIPを守るために様々な特許を取得している」と話し、取引事業に関する発言は控えたという。

カナダには複数の仮想通貨取引所が拠点を構えており、中央銀行も中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究を進めている国の一つだ。

参考:The Logic

CoinPostの注目記事

米ナスダック、初の分散型金融アルトコイン指数を提供
米ナスダックは初のDeFiアルトコインインデックスを追加した。MakerDAOや0xなどの分散型金融銘柄に特化した指数になる。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/07更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら