米CME、ビットコイン(BTC)オプション取引の開始日を発表

CMEのBTCオプション予定日

米最大手デリバティブ取引所CMEは、ビットコインオプション取引を、2020年1月13日に開始すると発表した。このオプションはビットコイン現物市場ではなく、独自の現金決済ビットコイン先物を基にした商品だ。

先日、CMEはこのオプションの詳細について情報を開示していた。例として、価格指標には、規制に準拠した自社のビットコイン参考基準レート(BRR)を採用。契約月の最終金曜日を取引の期限とする事などが公表されている。

公式サイトにFAQも掲載されている。

ビットコインオプションを開始する予定をしているのは、CMEだけではない。Bakktは、12月9日より、BTCオプションを提供する。

BakktのオプションはCMEと異なり、自社提供の現渡しビットコイン先物で決済を予定している。

参考:CME

CoinPostの注目記事

CMEビットコイン先物、大口の取組高が前年比60%増「機関の関心は依然強い」
機関投資家が利用する米大手デリバティブ取引所CMEは、ビットコイン先物ポジションデータを公開。前年比で大口の取組高は60%以上膨らんできていることが判明した。
Bakkt 先物取引を基にしたビットコイン(BTC)オプション商品開始へ
Bakktは、ビットコイン月間先物取引を基にしたオプション取引を「12月9日」から開始する。本タイプでCFTCに準拠したデリバティブは業界初という。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら