マネックス米子会社トレードステーション、仮想通貨取引サービス開始

トレーステーションが仮想通貨取引サービスを開始

国内大手仮想通貨取引所コインチェックを傘下に収めるマネックスグループの米国子会社『トレードステーション』は19日、仮想通貨仲介プラットフォーム「TradeStationクリプト」を開始した。

TradeStationクリプトは現在、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)を取り扱うが、将来的に通貨銘柄を追加していく予定をしている。

トレーステーションが規制当局の承認を得た州と国に居住するユーザーのみがサービスの対象となる。

発表によると、「TradeStationクリプトは、既存のオンライン仲介モデルを活用しつつ仮想通貨取引を提供する初めてのサービスである。株式、オプション、先物、為替のトレーダーが各市場において期待できる取引プラットフォームに匹敵する」としている。

なお当該仲介サービスを利用する機関投資家は、個別のサポートを利用することができるという。

参考:マネックス発表

参考:TradeStation発表

CoinPostの注目記事

コインチェックを擁するマネックスグループ、株主優待で仮想通貨(暗号資産)BTCを進呈
国内大手仮想通貨取引所コインチェックを擁するマネックスグループは24日、2019年度中間期の株主優待として、仮想通貨(暗号資産)ビットコインの進呈を発表した。マネックス証券の顧客層との相乗効果を狙った施策の一環だと考えられる。
金融大手フィデリティ NYの仮想通貨取引・カストディ許可取得
金融最大手の米フィデリティが持つ仮想通貨関連サービス子会社「Fidelity Digital Asset」はNY金融当局より、「信託ライセンス」を取得した。ニューヨーク州の機関投資家にカストディおよび取引サービスを提供することが可能に。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら