イーサリアムクラッシックがエアードロップを発表し一時的に価格上昇

イーサリアムクラシック(ETC)の開発チームがカリストネットワークプロジェクトを発表
ETC保有者に対し1:1(CLO)のエアードロップを発表し、5500000ブロックに達するとETCブロックチェーンのスナップショットを行うことがわかりました。

カリストネットワークを発表した直後、一時的に価格が高騰

ETC開発チームがCallistoネットワークプロジェクトを発表し、ETC保有者に対し、1:1CLOの割合でエアードロップされると思われます。

CallistoはETCハードフォークと呼ばれると思われますが、実際には実験段階のプロトコルとスケーラビリティ問題解決をテストするために開発された新しいブロックチェーンになる予定です。

開発陣のアナウンス

Callistoはイーサリアムプロトコルを基盤とした独自のブロックチェーンです。

サイドチェーンとしてETCとCallistoネットワークの両方のスケーラビリティを向上させることが可能になります。

ETCブロックチェーンのCallistoスマートコントラクトを使用したり、ETCチェーンのバンド幅を簡単にすることができます。

(現在、DexNS、Address-To-Addressメッセージシステム、トークンスワップチャネル、ECNSは、ETCチェーンに展開されるクロスチェーンサービスのことです。)

エアードロップ時期

5500000ブロックに達するとETCブロックチェーンのスナップショットを行います

(予定日時:2018/03/05 ※ETCハッシュレートに依存します。-2018年2月13日時では、逆算して3月1日の予定)

CLOコインを5500000ブロック時点で持っていたETC数に対して1:1の割合でエアードロップされます。

Cold staking protocol

このプロジェクトで解決する問題はガバナンスシステムが欠けているため、Cold staking protocolはガバナンスシステム実装の中期段階としての機能を持つ可能性があります。

ハッシュレートがマイナーに大きく偏っている問題を修正する目的があるとのことです。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加