ビットコインは「ゴールド」と6つの特徴を共有=ブルームバーグ有識者3者対談

BTCはゴールドと6つの特徴を共有

米ブルームバーグのインタビューで、有識者3人がビットコインをゴールドと比較、その投資価値について議論を行なった。

参加したのは、投資会社Pfeffer Capitalsの創設者John Pfeffer氏と、暗号資産管理会社Ikigai Asset Managementの創設者Travis Kling氏、仮想通貨ウォレットを提供するBlockchain社のマーケット責任者Charles McGarraugh氏の三人だ。世界的経済・政治が不確実な時代にビットコイン(BTC)が投資先としてより魅力的になるという点で一致した。

John Pfeffer氏は、ビットコインは「遅かれ早かれ」デジタル・ゴールドになる態勢が整っていると、以下のように述べた。

我々は、自分のポートフォリオの中で、ビットコインをベンチャービジネスに対する出資のように考えている。

BTCはベンチャービジネスのようなもので、大きな可能性を見せている。しかしまだ様々な障壁があり、デジタルゴールドになってはいない。様々な利点もあれば欠点もある。

またTravis Kling氏は、ビットコインは特別な性質を持つリスク資産の一つだと意見する。その特質とは「世界中の中央銀行および政府が、無責任な金融政策を取るにつれ、ますます魅力的になる」という。

そして伝統的に、価値を保存する貨幣として扱われるものの特徴として「耐久性」「分割可能性」「携帯性」「統一性」「普及性」「貴重性」の6点を挙げ、ゴールドも、そしてデジタルゴールドとして期待されるビットコインも、これらの側面を共有していると指摘する。

現在、ビットコインへ投資している投資家たちは、現時点で価値を保管しておくものとしてビットコインに投資しているわけではなく、価値を保管しておくものの特徴をビットコインが豊富に有しており、将来価値の貯蓄手段になりそうだからこそ、それに投資しているのだと議論した。

不確実な時代に魅力を増すBTC

Blockchain社のMcGarraugh氏は、不況の脅威や世界的な不確実性の時代にBTCが魅力的になるという考えに完全に同意した。

確かに、近年ビットコインは国家の通貨や政策に対する不信感が高い社会で勢いを見せている側面がある。政情不安が続く香港やアルゼンチンでも、ビットコイン出来高の急増が見られていた。

南アフリカ共和国や、ナイジェリアなど法定通貨のボラティリティが高い国では価値の保存手段として自国通貨よりも仮想通貨が選択肢の一つとして注目されている。今年6月、キーワードの人気度を調べられるサービス「Googleトレンド」によると、「Bitcoin」の検索を最も行う都市がナイジェリアのラゴスとなった事例もある。

参考:ブルームバーグ

CoinPostの注目記事

香港に続きイランでも暴動、ネット遮断で「有事のビットコイン買い」は起こるのか?
15日以降に発生したガソリン値上げに抗議する「イラン暴動」で銀行が襲撃された事件を受け、法定通貨不安と避難資産としてのビットコインへの関心が高まっている。10月の香港暴動の際にもBTC出来高が急増したが、今回はインターネットなど重要インフラが遮断された。
世界各国の保有ゴールドをビットコインに置き換えた場合何BTC必要か?仮想通貨投資家が国別に算出
仮想通貨投資家が、各国が所有しているゴールド(金)を仮想通貨ビットコイン(BTC)に代えて保有する場合、どのくらいのビットコインが必要かを算出。ビットコインをデジタルゴールドに推す声は多い。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら