CoinPostで今最も読まれています

国内仮想通貨市場に深刻な危機感、ビットコイン(BTC)のレバレッジ2倍規制問題で

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BTCのレバレッジ2倍規制をめぐり議論

国内仮想通貨取引所の「BTCレバレッジ規制」をめぐり、金融庁の狙いは「レバレッジ上限2倍」と報じられたことで、大きな議論を巻き起こしている。

現在は、金融庁認定の自主規制団体「JVCEA(一般社団法人日本仮想通貨交換業協会)」が、仮想通貨のレバレッジ上限を15倍から4倍に引き下げるルールを定め、正会員としてJVCEAに所属する各仮想通貨取引所がこれを適用した経緯がある。

金融庁の審議会で、『アフター・ビットコイン』の著者であり、日本銀行、国際決済銀行(BIS)など出身の中島真志氏は、以下のように主張した。

海外市場事例を参考にして、金融庁の掲げる投資家保護の観点に照らし合わせたものになるが、この点について、個人投資家らから反対意見も出ている。

金融業界に精通する仮想NISHI氏らは、国内における過度な証拠金取引規制は、金融庁の掲げる「利用者保護」の観点から逆効果であるとし、低レバレッジ・追証ありの危険性を指摘する。

ゼロカットシステムの必要性

前提として、通説にある「高レバレッジ=危険」という認識は厳密には誤りで、BitMEXのような「ゼロカットシステム」が搭載されれば、個人投資家の預け入れ資産を大幅に超える、追証リスクが解消される。

追証とは、口座残高を超える借金のようなもので、株式市場でも信用取引で追証が発生するリスクがあるが、とりわけボラティリティ(市場変動性)が高く、伝統金融市場と比較して未成熟なBTCFX市場では、そのリスクがより大きい。

信用維持率が一定基準を下回った場合に発動する強制ロスカットは、必ずしも絶対ではない。急激な相場変動でトラフィック急増によるサーバー遅延やサーキットブレイカーが発動した場合、ロスカットが間に合わず個人投資家の保有残高がマイナスになるようなケースがあり、支払い能力を超過する場合はさまざまなトラブルが起こり得る。

ゼロカットシステムは、その損失分を業者側が負担して口座残高をゼロにしてくれる仕組みだ。その原資にあるのが証拠金取引手数料などで、世界最大級の仮想通貨デリバティブ取引所として知られるBitMEXでは、独自に保険基金制度を設けている。

仮想NISHI氏は、「保険金積立の運用上ゼロカットにするには、20倍程度以上の倍率にする必要がある」と言及。高レバレッジの仕組みについて、一概に悪影響と断じるのは早計だとした。BUIDLのBlockchain Researcherを務めるKanaGold氏は、検証データを元にレバレッジ上限4倍程度が適切ではないかとしている。

懸念される流動性低下リスク

xKeiki氏は、金融庁が投機熱の高まりを懸念していることを念頭に冷静な見方を示す一方、「低レバレッジでもゼロカットシステムが無ければ、相場に追い込まれ『追証』に巻き込まれるリスクも高い」などと指摘している。

市場流動性の枯渇は、”取引板が薄くなる”という直接的な悪影響をもたらし、一部大口の相場操縦による急激な相場変動が起きやすくなるなど、市場健全性と相反するファクターだ。

流動性と各金融市場の魅力は密接な関係があり、政府がイノベーションを軽視していると映れば、ようやく一定程度まで成長した仮想通貨・ブロックチェーン関連の新興産業の停滞・衰退と、有望企業の海外流出による中・長期的な国力低下にもつながりかねない。

ただでさえ出来高の急減する日本仮想通貨市場の締め付けを必要以上に厳しくすることで、管轄外の海外取引所に、本来保護対象となるべき日本人投資家の大勢が流れるリスクがあり、本末転倒だ。

また、法人の事業としてまともに成立しなければ、経営管理費やセキュリティコストが増大するなかで資金捻出も困難となり、顧客保護の仕組みは元より、サービス拡充も困難を極める。

大手企業の参入障壁が極端に高まり、既存事業者の撤退・移転を余儀なくされるなどすれば、国内新興産業の空洞化を招きかねず、新興技術を支援する他国に大きく遅れを取る恐れがある。

立ち上がる事業者

このように、利用者保護の名の下に過度な規制が続けば、すでに多くの利用者を抱える仮想通貨取引所にとって死活問題になりかねないが、2018年以降に国内で相次いだハッキング事件、および金融庁による業務改善命令などの影響で、事業者側が弱い立場にあることも否めない。

そんな中、株式会社bitFlyer Blockchainの加納氏はこの件について問題提起。利用者の意見を規制当局に届けるとしている。

欧州(EU)の規制は、欧州証券市場監督局(ESMA)が発表しており、日本の規制とは必ずしも一致していない点についても言及した。

今年5月、参議院で資金決済法と金融商品取引法の改正法が可決・成立し、2020年4月から施行される予定となっており、今回の証拠金取引規制の議論もその一環だ。

利用者の声を踏まえ、金融庁を中心とした、より建設的な議論が望まれる。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。
10:50
国内初上場、bitbankがOasys(OAS)の取り扱いを発表
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ネイティブOasys(OAS)について、暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankへの新規上場が決定したことを発表した。
10:30
LayerZero、脆弱性に関する指摘に反論
LayerZero LabsのCEOは、同社プロトコルのスマートコントラクトに脆弱性があるとの指摘に反論。仮想通貨の盗難につながる可能性もあるが、これは仕様であると説明している。
10:05
東欧モンテネグロ、リップル社とデジタル通貨の実証実験へ
モンテネグロのアバゾビッチ首相は、リップル社と協力してデジタル通貨またはステーブルコインを構築する実証実験プロジェクトを開始したと発表した。
08:30
マスターカード、ブラジルでバイナンスのプリペイドカード発行へ
仮想通貨取引所大手バイナンスは金融大手マスターカードと提携し、ブラジルでプリペイドカードを発行開始。
07:45
ツイッター、仮想通貨の決済機能導入か
ツイッターは、決済機能の導入に向けてソフトウェアを開発をしていることがわかった。Elon Musk氏は、仮想通貨機能を追加できるようにしたいと考えているという。
07:20
米株市場・仮想通貨全面安|31日金融短観
本日のニューヨークダウは7日ぶりに反落し、ナスダックや金先物なども全面安。ドル相場はFOMC政策金利や米雇用統計などの重要発表を前に買い戻された。
01/30 月曜日
17:15
YGG Japan、プライベートラウンドで4億円相当を資金調達
株式会社ForNは、YGG Japanがプライベートラウンドでスクウェア・エニックスやセガなど18社から4億円相当の資金調達を完了したことを発表。環境整備し「職業ゲーマー」の輩出を目指すとした。
15:47
岸田総理、メタバースなどデジタル技術用いた地方活性化に意欲 予算委員会の答弁で
自民党の神田潤一議員が衆院予算委員会で政府の「Web3政策」について質問し、地方創生に関するデジタル化推進提案を行った。これに対し岸田総理は、メタバースなど最先端デジタル技術を取り込んだ地方活性化に前向きな姿勢を示した。
12:43
米バイデン政権、仮想通貨のリスク軽減に関するロードマップを発表
米ホワイトハウスは仮想通貨のリスクを軽減するためのロードマップを発表。米議会に対し規制整備のための努力を強化するよう要請する一方で、仮想通貨と既存の金融システムの融合については「重大な誤り」と警告した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア