仮想通貨Lisk、未実装の新機能を「近日公開」か 公式ウォレットも最新バージョンリリース 

Lisk公式ウォレットの最新バージョンがリリース、呼称も変更

仮想通貨Liskの公式ウォレットでもある「Lisk hub」最新バージョンとなる1.23.0が新たにリリースされた。最新ブロック・トランザクションの表示、ウォレットのアドレスのQRコード表示など様々な機能が追加された。

また、今回のリリースに伴い公式ウォレットの呼称がPC版はLisk Desktop、モバイル版はLisk Mobileと、Lisk関連に統一された。

アップデート内容を紹介する動画内では、未実装の新機能も「近日公開」と少しだけ紹介されている。

最近開催されたカンファレンス「Lisk2019」では2020年のLiskプロジェクトの計画が公開、ウォレットについては内部からのLSK購入の簡易化を予定していることを明かした。

関連仮想通貨LiskのCEO、2020年のプロジェクト指針を発表

CoinPostの注目記事

仮想通貨LiskのCEO、2020年のプロジェクト指針を発表
ブロックチェーン・プロジェクトLiskのCEOが、2020年の同プロジェクトの新指針を発表。プラットフォーム普及に向け、新たなプログラムを打ち出した。
仮想通貨LiskのCEO、米Nasdaqの番組に出演
仮想通貨Liskの創業者でMax Kordek氏が、ナスダックの番組「TradeTalks」に出演。ヨーロッパにおける仮想通貨事情や、プラットフォーム通貨としての需要を語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら