サウジアラビアとUAEの指導者、2国間の共通デジタル通貨構想で合意

サウジアラビアとUAE、共通のデジタル通貨

サウジアラビアの皇太子(Mohammad bin Salman)は、UAE(アラブ首長国連邦)の皇太子(Sheikh Mohammed bin Zayed Al Nahyan)が面会、2国間で利用できる共通のデジタル通貨の発行で同意に至ったことがわかった。UAEの新聞紙The Nationalが報じた。

この共通デジタル通貨の提案は、今年1月に両国の中央銀行によって発表されたもの。この通貨は「Aber」と名付けられ、分散型台帳を利用し、両国の銀行等金融機関の決済利用に限定して利用される。

現時点で、ローンチ日など具体的な情報は開示されていない。

今回の面会では、原油製油所の建設やサイバーセキュリティ対策の事項についても合意したことも報じられている。

参考:The National報道

CoinPostの注目記事

アラブ首長国連邦、仮想通貨法で明日にも進展 証券該当トークンの区別化も
アラブ首長国連邦(UAE)の証券・商品委員会が公開した、同国初の暗号資産法案が明日にも進展する。原文とパブリックコメントを元に、法案が成立する可能性がある。
アラブ首長国連邦、仮想通貨のポジティブな規制へ銀行や規制当局との連携を強調
アラブ首長国連邦銀行連盟(UBF)とアブダビ・グローバル・マーケット(ADGM) は17日に仮想通貨・暗号資産がフィンテック業界にもたらす可能性と課題を議論するフォーラムを共同主催。同国における仮想通貨に前向きな姿勢が再び伺える内容となった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら