速報 仮想通貨取引所BITPoint、既存顧客向けの全サービスを再開 顧客資産は100%コールド管理に

仮想通貨取引所ビットポイントが仮想通貨預入サービスを再開

株式会社リミックスポイントは9日、仮想通貨取引所のビットポイントの既存ユーザー向けの全サービスを再開したことを発表した。

顧客預かり仮想通貨を100%のコールドウォレット管理に変更し、仮想通貨の預入サービスを再開する。プレスリリースで発表した。

ビットポイントは2019年7月12日の仮想通貨の不正流出事案後、サービスを停止し、その後安全が確認できたものについて順次再開してきた。今回仮想通貨の預入サービスが再開されることで新規口座開設以外の既存顧客向けサービスが利用可能になる。

仮想通貨の管理体制も変更し、リミックスポイントは顧客から預かった仮想通貨を100%コールドウォレットで管理することを明記した。

新規口座開設の再開については「仮想通貨の送受金再開後、 安定的な業務の実施に支障がないことを確認」したのち再開を予定しているという。

CoinPostの関連記事

ビットポイント、仮想通貨の送金で2段階認証を必須化 セキュリティ対策の一環で
仮想通貨取引所BITPointはセキュリティ対策の一環として、仮想通貨の送金フローの変更を告知。仮想通貨の送金時に2段階認証を必須化したほか、送金先のホワイトリスト登録機能を追加した。
仮想通貨取引所ビットポイント、不正流出被害の「特別損失」約37億円を計上
ビットポイントの親会社リミックスが第2四半期連結決算を発表。仮想通貨流出事件に伴う約37億円の特別損失を計上した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら