CoinPostで今最も読まれています

米大手格付け機関が仮想通貨格付け事業参入/1月に主要通貨格付け予定

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

古参かつ大手の格付け機関Weiss Ratings社が格付け事業を始動
ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネム、ビットコインキャッシュ等を評価します。第一弾として現地時間1月24日に公表される予定です。
信用度の高い会社による格付け
1971年に創設されたWeiss Ratingsは、ウォール・ストリートジャーナルやニューヨークタイムズ等にも注目される独立性と正確性を備えている企業です。
ICE Data Service:リアルタイム取引データ
多くの取引データを収集することで、投資家は包括的な価格情報を知ることが出来ます。CoinCheckやZaifなどともパートナーシップを結んでいます。

仮想通貨への関心の高まりによって、新たな投資家が参入してきています。

伝統的な市場とは異なり、十分な情報の裏付けのある意思決定を支援するツールはほとんどなく、特に変動の激しい環境で犠牲者が出始めている状況です。

別々のアナウンスで、Weiss Ratings社とIntercontinental Exchange(ICE)社は、投資家が仮想通貨市場をうまく渡り歩くのを助け、より賢い投資を行うための新しい金融ツールの導入をそれぞれ発表しました。

金融機関の独立した格付け機関であるWeiss Ratings社は、裏付けのある投資家の意思決定を支援するため、2018年1月24日に仮想通貨の格付けを開始すると述べています。

グローバル先物、株式、株式オプション取引所のネットワークの運営者であるICE社は、ブロックチェーン技術プロバイダーBlockstream社と提携し、Cryptocurrency Data Feed(CDF)を立ち上げています。

Weiss Ratings社は仮想通貨を引き受ける

1971年に設立されたWeiss社は、独立した格付け機関です。

現在予定されている格付け対象通貨は以下の通りです。

Bitcoin、Ethereum、Ripple、Bitcoin Cash、Cardano、NEM、Litecoin、Stellar、EOS、IOTA、Dash、NEO、TRON、Monero、Bitcoin Gold

Weiss Ratings社の創業者Martin Weiss氏によると、彼らが使用しているデータは、購入したデータと他のソースから収集したデータの組み合わせです。

これは毎日更新され、12ヶ月のスライディングウィンドウをカバーしています。

Weiss氏はBitcoin Magazinで、予想を確認するために会社が使用している過去のデータを検証するためのテストは継続中だが、これまでのところ結果は正確であると述べています。

「私たちは現実世界を再現するために、長年にわたってインテリジェントなモデルを使用する分析技術を構築してきましたが、これらを仮想通貨に適用しています。これらは長年にわたって非常に正確でした」

格付けは、複数の項目にわたって構成されています。

同社は、仮想通貨のデータを反映するための新しいモデルを構築し、4つのサブモデルに分割される格付けシステムを開発しました。

リスク指数
価格変動やボラティリティなどの要因に基づく、投資に関わるリスクのレベルです。
収益指数
過去の売買パターンに基づいた、潜在的な収益性です。
テクノロジー指数
企業のアナリストが主に手作業でソースコードとホワイトペーパーをレビューし、価格動向を分析し、Query Tree(企業内ソフトウェア)で評価を行い、定量的な結果を生成します。
採択指数
普及度合い、取引速度、決済時間などの2次元の普及度合の測定値です。

Weiss氏は、以下のように述べています。

「最終的なグレードを得るためにこれらの4つの指標の加重平均が用いられます。

Weiss社の目標は、投資家が賢明な意思決定を行えるようにすることです」

ICE Data Service:リアルタイム取引データ

Cryptocurrency Data Feed(CDF)は、世界中の15以上の取引所にわたり、仮想通貨取引量の80%近くのデータを収集している、マルチアセット、マルチベニューのデータフィードです。

CDFは、米ドルおよびその他の主要通貨ペアに対する主要な仮想通貨を測定します。

収集されたデータは、トランザクション、取引場所、数量、価格、通貨、タイムスタンプおよびその他の関連注文書データを識別するための数列を作成するために正規化されます。

これは、ICE Data Serviceの顧客が、質の高い情報を含むリアルタイムのフィードで、世界の市場の代表的な取引データを受信できるようにするためのものです。

ICE Data Service社長兼COOのLynn Martin氏次のように述べています。

「様々な仮想通貨取引所で、取引所間の価格差があるため、投資家は包括的な価格情報を知ることが重要です」

Blockstream社のビジネスアソシエイツSVPであるAlex Fowler氏によると、協定を結んだ初期の取引所のパートナーは以下の通りで、今後も取引所が追加で加盟していきます。

Bitbank、Bitfinex、BitMEX、Bitso、 Bitstamp、BtcBox、BTCC、CEX、Coinfloor、Coincheck、itBit、GOPAX、OKEx、SurBTC、The Rock Trading、Unocoin、Vaultoro、Zaif

データは取引所のAPIを使用して収集され、場合によっては専用のコネクションを設定することによって収集されます。

現在のフィードには標準化された書式と情報が欠けています。

ICE社が提供しているものの一部は、複数のソースからの情報を平均化してより正確な全体像をつくるような、データを統合し標準化するためのソースです。

歴史的には、データは現在のところ最初の統合に戻るだけです。

しかし、Blockstream社は取引所と協力して、古いデータを同時に取り込めるよう取り組んでいます。

Fowler氏は、Bitcoin Magazineで次のように述べています。

「世界中の強力なパートナーの参加によってできた、統合されたデータソースは、これらのギャップに対処します。

そして、資産クラスとしての仮想通貨の流動性、価格安定性、信頼性を高めるでしょう」

CDFには、サービス開始時に、ビットコインとさまざまな仮想通貨と通貨ペアが含まれます。

最終的なリストはウェブサイト上に表示されます。

ICE社は、フィード内の資産の追加や除外に関する決定のための選択基準を開発し公表する予定です。

これは、市場が発展するにつれて進行していくでしょう。

リアルタイムCDFへのアクセスは、2018年3月にICE Data Services’ Consolidated Feedの加入者が利用できるようになります。

Two New Services Could Help Investors Rate Cryptocurrencies

Jan 19, 2018 by BitcoinExchange

参考記事はこちらから
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア