日本金融庁、無登録の海外仮想通貨取引所BtcNextに警告

金融庁の警告

金融庁は13日、日本で無登録の状態で、仮想通貨交換業を提供していたとし、海外業者「BtcNext Company Limited」に対し警告を行なった。

警告文によると、BtcNextは「インターネットを通じて、日本居住者を相手方として、仮想通貨交換業を行なっていた。」

セントビンセントおよびグレナディーン諸島を所在地とするBtcNextは日本語や英語、中国語に対応している。

金融庁は今年6月にも、海外の交換業者「Cielo EX Limite」に対し、日本居住者を対象に無登録で仮想通貨交換業を行っていたとして警告を行なった。

参考:金融庁

CoinPostの注目記事

企業会計基準委員会、仮想通貨ICOの会計処理を検討へ 金融庁の提案受け
日本の企業会計基準委員会(ASBJ)は、仮想通貨ICOに関わる会計処理について検討を開始したことがわかった。ICO トークンの発行・保有等に係る会計処理の基準を委員会の新規テーマとして提言する。
金融庁、仮想通貨取引所の無登録営業でCielo社に警告|アソビコインやビットコイン(BTC)など売買
金融庁は25日、無登録で日本居住者に仮想通貨アソビコインなどの売買媒介等の交換業を営んでいたとして、インド洋セーシェル共和国所在の「Cielo EX Limite」に警告を出した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します