スウェーデン中銀、アクセンチュア社提携でデジタル通貨を発行実験

スウェーデン中央銀行のCBDC

スウェーデンの中央銀行は大手ITコンサルアクセンチュア社と提携し、テスト環境でのデジタル通貨「e-krona」発行実験を行っていくことを発表した。

この提携は、銀行がe-クローナについての技術的可能性の理解を深めることを目的としている。

アクセンチュアは公共調達によって選ばれ、テスト環境でのe-クローナ発行において技術的なソリューションの提供を行う。中央銀行によって契約の延長が行われた場合、最大で7年間プロジェクトが続けられる見込みだ。

現時点ではe-クローナ発行に関する決断を行っていないとしているが、以前よりCBDC(中銀デジタル通貨)の可能性に対し研究に取り組んできたことで知られる。

中銀は、スウェーデンでは国内での現金の使用が減少していると同時に、民間企業・民間銀行が提供するオンラインでの決済サービスが普及することによって、金融政策で経済をコントロールする影響力が低下することを問題視。

それを踏まえ、世界各国の中央銀行が直面する問題に答える形で、スウェーデン中銀は「e-クローナ」についてのリサーチを2017年頃より行っているという。

CoinPostの注目記事

スウェーデンの国家仮想通貨「e-クローナ」:2019年中の運用テストを計画
Riksbank(スウェーデンの中央銀行)はキャッシュレス社会の実現を加速させるべく、法定仮想通貨「e-クローナ」の開発を進めている。今後、決済のデジタル化の進行は免れないトレンドであるが、デジタル決済の市場を民間機関に抑えられることを避けるためにも、開発は急ピッチで進めなければならないとしている。
EU 欧州中央銀行にデジタル通貨発行を促す|仮想通貨の規制強化も提案
欧州連合は欧州中央銀行等にデジタル通貨発行の検討を促す草案を公表した。リスクの高い仮想通貨プロジェクトを禁止し、規制強化を進める提案も行なった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら