仮想通貨取引所ビットポイントが全サービスを再開 新規口座開設の受付開始

ビットポイントが全サービスを再開

ビットポイントジャパン(BPJ)は25日、仮想通貨取引所の「新規口座開設」を再開。7月に発生した仮想通貨の不正流出から停止していた全サービスの再開を報告した。

ビットポイントでは、2019年7月11日に仮想通貨の不正流出事件が発生。真相の解明とともに、取引所サービスの再開に向けて取り組んできた。この度、仮想通貨の送受金サービス再開後も安定的な業務の実施に支障がないことを確認、新規口座開設の再開を経て全サービスの再開に至った格好だ。

出典:株式会社リミックスポイント

新規口座の再開では、総合口座のほか、レバレッジ証拠金口座や、MT4、証拠金口座の新規受付もあわせて再開する。

ビットポイントジャパン(BPJ)の小田玄紀 代表取締役社長は、サービスの再開を機にブログを更新(12/17)。仮想通貨不正流出に関して改めて謝罪するとともに、今回生じた課題から学ぶべき点を学び、明日に繋がる取組みをしていくことが重要だと言及している。

取引所のサービスについても、『あたらしい通貨の取扱い』や『あたらしいサービスの開始』の展開を行なっていく意向を示している。

関連:ビットポイント小田社長、新通貨取扱いや新サービス開始に言及

参考:remixpoint

CoinPostの注目記事

ビットポイント小田社長、新通貨取扱いや新サービス開始に言及
仮想通貨取引所ビットポイントジャパンの小田社長が、個人ブログで企業ロゴおよびコーポレートカラーをリニューアルした意図や、新規通貨の取り扱いなど顧客にとって価値がある取組みについて語った。
仮想通貨取引所ビットポイントでハッキング被害、ビットコイン、リップル、イーサリアムなど35億円が不正流出
国内大手仮想通貨取引所BITPointが、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など35億円相当の不正流出被害を発表した。他に流出したのは、BTCのほか、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインの5銘柄。
&from=in_article00


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用